進化が示す健康法則

お医者さんはどうやって生計を立てているでしょうか。全てのお医者さんが北里医師のように素晴らしく、自分が食べていけようがいけまいが、患者のためだけを考えて医療行為を行っているでしょうか。

医者の収入は患者が支払う治療費から成り立っています。当たり前のことながら、患者が多ければ多いほど収入が増えます。

医者も人の子、人間です。そして医薬品メーカーも人類のためになる慈善事業ではありません。

薬が売れれば売れるほど儲かって会社として成功します。自分自身による健康管理をないがしろにして、病気になった時に医者にかかるというのは間違っていますし、不自然な化学系の医薬品に長く頼り続けるのが身体に良いわけがありません。

医学の発達は、昔なら簡単に命を落としてしまったような病気を怖いものではなくしてしまったり、不治の病を治したりと、死亡率を下げて人間の寿命を延ばしました。

それは車や家電のように、長所の面で計り知れないものがあります。でもそれらを頼り過ぎるとおかしなことになってしまいます。時代を逆行することはできません。私たちの今日の生活で、発達した医学、近代的な移動手段や家電に頼らないわけにはゆきません。

でもなるべく頼らないように心がければ健康を維持できるのです。問題は、バランスを考えた自己管理です。

太陽の中心核では4つの水素が融合して1つのヘリウムを作っているそうです。水素の質量の0.7% がエネルギーに転換して放出され、それにより太陽が輝いているそうです。

もしその放出量が0.71% だったら星の進化スピードが早過ぎて、太陽は既にないそうです。そしてもしそれが0.69% だとスピードが遅過ぎてヘリウム結合ができずに137億年たっても炭素が作られないため生命は生まれていないそうです。

太陽と地球の距離も、現在の距離でないと現在の美しい地球の姿はあり得ません。海水の成分や、空気中の酸素と窒素の比率から、日々のほんの些細なことまで、世の中の全てのことは絶妙なバランスによって成り立っています。

過ぎたるは及ばざるが如し。普段から自分自身でバランスの良い健康管理を行い、病気の予防を心がければ、つまり進化で出来上がった身体に必要なことを行っていれば、病気とは無縁になることをどうかご理解下さい。

病気にかかるのは人間とペットだけで、野生の動物は滅多に病気にはかからないはずです。もし既に、拙著「キャベツで花粉症がウソのように治る!」をお読みでしたら、この本の「良い食事」の章の部分で重複する部分がありますが、どうかお許し下さい。

前書きの最後に、本の題名について少し説明させてください。医者知らずと書いてありますが、それは外科以外の医者を意味します。

私は進化が示す健康法則のお陰で病気にはかかりませんから、いわゆる内科医やホームドクターのお世話になることはありませんが、外科医にはよくお世話になります。どういうわけか怪我が多いのです。

骨折やヒビは、体中あちこちに十数か所あり、縫い後も、大は7針、小は3針でこれもやはり身体中に合計20針跡以上あります。

スポーツ中の怪我も勿論多いのですが、窓を閉める時に指をはさんでしまうなどというくだらない怪我も多々あります。おっちょこちょいなのかもしれません。

でもこれだけ怪我が多いと、そういう星の下に生まれてしまったようだと諦めざるを得ません。

この本は毎回100部単位で印刷されるので、量産効果が聞かなくて価格を安くできずに申し訳なく思います。その代わりにと言ってはなんですが、読んで下さった方々からのご意見やその後に得た情報、ご質問に対するお答えを逐次掲載させていただいています。

進化が示す健康法則

川崎英一郎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 医療と健康
進化が示す健康法則」への1件のコメント
  1. senryusato より:

    怪我は基本的に病気じゃないですしね。私は中耳炎を幼い頃こじらせて、耳鼻科に通ってます。
    耳鳴りが止まず、うるさくて眠れないほど(笑)。

    北里医師ってそんなに立派なんですか?日本ではあまりその医師の名前は聞かない。
    毎日、毎日、健康番組が流れていて、医師が沢山でます。

    「名医」だと言われている九州の先生の所に大阪の生活保護の夫婦が飛行機で通って
    「公費を使っているのに」と大問題になったことがありましたが・・・・・・。

    それほど「名医」はテレビに溢れています。
    昨今は、炭水化物抜きダイエットを書いて、ベストセラーになり自らも実践していた先生が53歳で亡くなり
    「名医」ってなんだろうと思うことしきりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。