親として、日本語提供のカタチ

日本語を「教える」のではなく「提供」するというのは少しわかりにくいかもしれませんね。

こどもが母語を習得していく過程を少し考えてみましょう。

生まれたときから、いえ、お母さんのお腹の中にいるときから、赤ちゃんは毎日お母さんの言葉を聞いています。まさに母の言葉、母語です。

赤ちゃんの時にお母さんから「あ」「い」「う」「え」「お」、などと

日本語を教わったという方はまずいないことでしょう。

お母さんは赤ちゃんがわかるとわからないとに関わらず話しかけますが、

0歳の赤ちゃんに日本語を正しく教え込もうとしているわけではないですよね。

「提供」しているのです。

 

お母さんからの語りかけが豊かであればあるほどこどもの受け取る日本語は豊かになります。

これは赤ちゃんのときだけでなくその後もずっと続きます。

特に海外で、家の外に出れば日本語がない世界、家の中でお母さんの語る言葉は

子供にとって日本語に触れることができる大変貴重な機会です。

お母さんが子供の頃の話、楽しかった話、そんなとりとめもない話の中に

生きた言葉があり、日本を身近に感じ、興味を持ったり、楽しい!好き!という

気持ちが育まれる大事なものが隠れているのです。

机に向かって日本語のドリルやワークをやらせる以前に

そのような親子の時間を大切にしたいものですね。

言葉だけでなく、子供の心にとっても。

7月16日(土) 意見交換のできる無料セミナー 『海外での子育て、こどもの日本語どうなる?』

 

7月27日/8月1日 夏休み日本語3日間 集中クラス

日本語で学ぶ楽しさを知る~理科、社会、文化を学びながら日本語の4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」を自然に習得することを目指します。

 

 

そろばんは日本の文化

そろばん夏期講習実施中!

 

 

コミュニティwatashi

山片重信

広告

ドイツで育つこどもの日本語支援団体です。 www.watashi.info

タグ:
カテゴリー: 教育, 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。