親以外の日本語に触れる

今日は夏休みの日本語集中講座について話し合いました。
ワクワクするプログラムに仕上がりそうで楽しみです。
その中のひとコマ、現地校に通うお子さんをお持ちのお母様の言葉。

「親以外の人と日本語で話せることってすごく大事なんですよね」

watashiそろばん教室には現地校に通うダブル(国際児)の子が何人かいます。昨日も元気に楽しそうにそろばんをして、その間もちろんすべて日本語ですが、休憩のときに話をふったら嬉しそうにドイツ語で色々な話をしてくれました。その子の場合、日本語だとなかなか言葉にできないことがドイツ語だと見事なまでにしっかり表現できるので、堰を切ったように話します。そして、まだ幼稚園生ですが、お話しの内容が面白い!
聞いている私はそれを日本語でおうむ返ししたり逆に質問したり。

その子は今はドイツ語でしゃべりますが、同じ教室にいる日本人学校に通う子の日本語、先生の日本語、きっとたくさん吸収中なのでしょうね。たくさん日本語に浸って、そろばんも日本語もすくすく育ってほしいと思います。
帰りにお母様とお話したら、お母様の言葉。
「親以外の色々な人の日本語に触れてほしいんです。」
なんと、朝のお母様と同じことをおっしゃっていました。本当にそうですよね。

そろばん教室、無料セミナー、ぜひご参加ください。

watashiそろばん教室: http://watashi-de.jimdo.com/ホーム/そろばん教室

無料セミナー:もっと知ろう 海外での子育て こどもの日本語、どうなる?~入門編

コミュニティwatashi

山片重信

広告

ドイツで育つこどもの日本語支援団体です。 www.watashi.info

タグ:
カテゴリー: 教育, 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。