日本語を忘れてしまう?

幼少時は覚えるのも早ければ忘れるのも早いと言います。

小さい頃家庭で日本語で話していたのに、現地幼稚園に通い始めたら日本語が話せなくなってしまった・・・

現地の幼稚園、小学校に入ると現地語がどんどん強くなっていくのが普通です。こどもにとっては友だちと話せることはものすごく大事。だから現地語は伸びていきます。(こどもによって差があるので放っておいてよいとは限りません)

逆に日本語の会話と読み書きは相当意識しないと簡単には育ちません。特にドイツで生まれた、幼稚園くらいでドイツに来た場合にはなおさらです。そのことを知っておくということだけでも大きな意味があります。

コミュニティwatashi

山片重信

ホームページ
www.watashi.info 

 

広告

ドイツで育つこどもの日本語支援団体です。 www.watashi.info

タグ:
カテゴリー: 教育, 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。