家で日本語ばかり話すのはNG?

親が話す言葉と、現地語が違う場合、親は子供のことばに

ついて、迷いがあることが多いと思います。

「ドイツ語も大事だけど、私の話す言葉も話せるようになってほしい」

「2言語環境だと、小さい子は混乱するのではないか」

「家で日本語ばかり話していると、現地校で困るのでは?」

家で現地語ではなく親の母語で話していて大丈夫か、悩みますよね。

ですが、以下は、専門家や脳科学者、バイリンガルを育てたお母さん方が、

口を揃えて言う重要ポイントです。

・ 家庭では親の母語で話し、聞く、読む、機会を少しでも多く触れさせること。

・ 親が二つの言葉を混ぜて話さず、一つの言葉に統一して話すこと。

子供が3歳ぐらいから幼稚園などで、現地語に触れる機会が多くなることで、

言葉がぐらついたりすると不安になりますが、ある時期が来るとちゃんと二つの

言語を切り替えて使えるようになるそうです。

コミュニティwatashi

大木尚美

ホームページ
www.watashi.info 

 

 

広告
タグ:
カテゴリー: 教育, 未分類
家で日本語ばかり話すのはNG?」への1件のコメント
  1. kenkoyongensoku より:

    その通りだと思います!

    幸いに拙宅でもそうしました。
    現在ケルンの補習校校長先生を務める日本語の先生が昔、「家ではドイツ語を禁止にした方が良いですヨ!」 と言うのでその通りにしました。

    「もしそうしていなかったら今頃…」 と、考えるとゾッとします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。