外国でこどもの日本語を育むために

私はドイツのギムナジウムで30年以上、外国語としての「日本語」を教え、後にデュッセルドルフの補習校でチームティーチングを依頼されて小学1年生から中学3年生の子たちが「国語」として日本語を学ぶ現場に1年間立ち合う貴重な機会を得ました。

現地校に通うこどもたちは、ドイツ語と日本語を使い分けますが、多くの場合、外国語としての「日本語」は彼らにはあまりにも易しすぎ、国語としての「日本語」はあまりにも難しすぎるのです。

私たちはあまり意識しませんが、外国語として学ぶ「日本語」と、日本人が生まれてすぐに母語として身につける「日本語」の間には圧倒的な隔たりがあります。

その両極端の間にいる子たちを目のあたりにし、彼らの「ことば」を大切に育んでいきたい、そのために何が必要だろうか、何ができるだろうか、といつも考えています。

コミュニティwatashi  磯 洋子

www.watashi.info

 

 

外国でこどもの日本語を育むために」に3件のコメントがあります

  1. 具体的に教えていただけるとありがたいです。
    ありがたい、という言葉も、薫陶という言葉も、考えてみれば「国語」ではあるけれど
    話し言葉ではありませんしね。
    話さなくても、この言葉はなくしたくない、と思ってはいます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。