伊勢志摩サミットのメルケル女史

日本の友人から下記のメッセージが届きました。

… 前略… ところでメルケル女史、またデブへと逆戻り。伊勢志摩サミットでは会議中も、一人でばくばく食べ続けていた。(テレビでしかと観た!) また、会議の間に伊勢志摩ワインを一本開けて(当然一人で)G6の人たちを仰天させた(と噂)。また転んで骨折しない様に祈ります。

1期目のメルケルさんは結構評価されていたようですが、やはり長い間権力の座につくと、元々弱い存在である人間というのは駄目になってしまうのでしょうか…

3期務める国の代表はどこでも似たお話を聞きます。

盛者必衰と同じ原理でしょうか。

難民受け入れを推進して、他のヨーロッパ各国にも強く呼びかけた彼女から飛び出たと言われる言葉、

「難民を自宅に受け入れる人を尊敬するけど私にはできない…」 のような発言、いえ、失言、率先垂範ができないのならリーダーの役を務めるべきではないのはほとんどの人に分かる理屈です。

さらにはデブになる?

アメリカでは、(自分の体重さえも自分でコントロールできないのなら、部下をコントロールできるわけがないので)「デブは管理職につくな」 と言われて久しいのですが、そんなことも分からないのでしょうか?

体重コントロールと戦うデブ予備軍の1人、川崎英一郎

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし
伊勢志摩サミットのメルケル女史」への1件のコメント
  1. ダイエットは嫌いだけど・・・佐藤庸子 より:

    オバマさんも任期5年位の時、コレステロール値が上がり、ダブルチーズハンバーガーとシェイクの禁止命令が出た。(大好物だそう)痩せて見えたけど、いつの間にか太ってしまっていたらしい。
    今回は、ものすごく痩せていた。すごい禁欲だ。特段スポーツしてないから痩せるのはオバマさんは
    大変だろう。

    本当にメルケルさんは、会議そっちのけで「食い気の女」を通していた。
    でもドイツは肥満に寛容だから、いいのかも?(そんなわけないっつ)。
    デブの言うことを聞く人はあまりいない・・・・ですよね。確かに!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。