あぁ、無情… 庭で7匹の雛を失った鴨のお母さん…

どういう訳か、うちのような猫の額のような小さな庭を選んで卵を9個も産んだ鴨のツガイがいます。 何日間も一生懸命に卵を抱いて温めていた鴨のお母さんを、うちの長男が伸び放題の雑草の中で偶然に見つけました。 その後しばらくたっ続きを読む “あぁ、無情… 庭で7匹の雛を失った鴨のお母さん…”

本当の日本食と、なんちゃって和食のとても大きな違い

日本人なら誰でもその違いは分かりますが、和食に関して初心者である一般のドイツ人にはそれは難しいです。 ドイツ人の中には、週に一度は「なごみ」などに本物の寿司を食べに行くという強者(?笑) もいるようですが、全体から見れば続きを読む “本当の日本食と、なんちゃって和食のとても大きな違い”

庭で7匹の雛を生んだ鴨のお母さん

よりによって何でうちのような猫の額のような庭を選んだのでしょうか。 気がつくと、いつの間にか生い茂る雑草の中で鴨のお母さんが卵をあたためているのを息子が発見しました。 そんな所で卵を温められたら雑草刈りができない。 と言続きを読む “庭で7匹の雛を生んだ鴨のお母さん”

「デュッセルドルフ、オーバーカッセル区域に空き巣未遂、日本人が容疑者を捕獲」

  2016年6月24日、午後3時半頃、オーバーカッセルの日本人宅(アパート)にアパートのドアーを抉じ開けようとした痕跡がありました。 被害者は即刻、警察に連絡して現場に立ち会わせました処、空き巣未遂であったよ続きを読む “「デュッセルドルフ、オーバーカッセル区域に空き巣未遂、日本人が容疑者を捕獲」”

『語彙』をどう増やす?- 親との共通体験を通して覚える

子供の言語習得のステップについては、様々側面があるとのこと。  「聞く力」「話す力」なら、やはり年少から始めた方が有利。  「読む力」「高度な書く力」は、高学年から始めても大差がない。 子供が新しい言語環境の中に置かれた続きを読む “『語彙』をどう増やす?- 親との共通体験を通して覚える”

こどもから見た国語とDeutschの授業のちがい

我が家でこんな会話がありました。息子が5年生のころ。 子:日本の国語ってドイツの学校のDeutschにあたるの? 母:そうだねえ。なんで? 子:Deutschの授業では色々なテーマをドイツ語で勉強する感じ。だからいつも新続きを読む “こどもから見た国語とDeutschの授業のちがい”

進化が示す、健康法則

子供の頃から花粉症に悩まされ、その症状は年々ひどくなるばかりでした。ある時、キャベツが花粉症に良く効くことを何かで知り、ステロイド系の注射に頼っていた私はそれをやめて、早速キャベツを試さずにはいられませんでした。 そうし続きを読む “進化が示す、健康法則”

ドイツのロルちゃんの漢検受験!

日本の漢字能力を試す試験である漢検(日本漢字能力検定試験)は、ドイツ人も結構受けています。 例えばドイツと関係する日本人の間ではもうすっかり有名なドイツのロルちゃん。 ドイツ語を習おうと思ってインターネットやユーチューブ続きを読む “ドイツのロルちゃんの漢検受験!”

どうやら最近の若い人は、根本が分っていないよう…?

日本に住む、何でも忌憚なく言える(自分が羞恥心なく何でも言ってしまうだけ?) 後輩の女性から言われました。(相手はXXハラと思っているかも? でも時々連絡が来るのだから大丈夫?...) 「私、子どもを持とうと思いません…続きを読む “どうやら最近の若い人は、根本が分っていないよう…?”

親以外の日本語に触れる

今日は夏休みの日本語集中講座について話し合いました。 ワクワクするプログラムに仕上がりそうで楽しみです。 その中のひとコマ、現地校に通うお子さんをお持ちのお母様の言葉。 「親以外の人と日本語で話せることってすごく大事なん続きを読む “親以外の日本語に触れる”

進化が示す、健康法則

不思議なご縁のお陰で健康に関する本を出させていただくことができました。 ドイツ語版が最初で、次が日本語版です。 「進化が示す健康法則」という題名です。 多くの人が健康、健康と言いますが、人間の進化を考えてみれば、その基本続きを読む “進化が示す、健康法則”

外国で育つ子供の日本語-漢字のハードル

外国で育つ子供が日本語を習得して行く時、漢字習得は大きな課題ですね。 私の子供の場合、日本に行った時も習得した漢字だけでは読めないものが多く、気持ちがくじけてしまい一層漢字嫌いになってしまいました。 最近『生活基本漢字3続きを読む “外国で育つ子供の日本語-漢字のハードル”

国会議員の女性トイレにベビーベッドができた時。

ドイツの首相メルケルさんが来ると様々に考えさせられる。 ファーストレディーたちの席に座る唯一の彼女の夫君、 男だらけの中に堂々と座り、ワインを空けるG7中、唯一の首相メルケル女史。 勿論、日本も、地方自治体の中では、女性続きを読む “国会議員の女性トイレにベビーベッドができた時。”

日本語が危ない! 漢検受験者募集中!

現地校に通う子どもが3人います。14歳、11歳、そして10歳。補習校には通わずに、公文で日本語を勉強しています。 日本語のために家ではドイツ語を禁止していますが、いざ3人の日本語の実力を知ると空恐ろしいものがあります。 続きを読む “日本語が危ない! 漢検受験者募集中!”

恥ずかしいメールの書き方

次は、つい最近届いたある人からのメールの書き出しの2行です。 おはようございます。 お世話になっております。   どうやら、「おやほうございます。」 はコピペのようです。 アイフォーンでコピペをするとこのように続きを読む “恥ずかしいメールの書き方”

ビジネスセンス – オールマイティービジネスマン

ビジネスマンを日本語にすると商売人になるのでしょうか? ビジネスマンと聞くとかっこいいのですが、商売人というと何かしらダサいというか、ネガティブに感じるのは私だけでしょうか。 ではなぜでしょうか? 商売人というと、ガッツ続きを読む “ビジネスセンス – オールマイティービジネスマン”

ことばが できる? できない?

一体ことばは何をして「できる」「できない」がきまるのでしょうか。 以前大変興味深いプロジェクトに関わったことがあります。 ノイス市の教育委員会から依頼を受け、外国語が「できる」高校1年生を対象に言語体系の違う日本語でも同続きを読む “ことばが できる? できない?”

名無しの権瓶さん

私の留学サポート会社では、メールでの応対を主としています。弊社にお問合せをいただきご出発までのサポート、さらには帰国されるまでお顔を合わせる事は基本的にありませんし、直接お話しをさせていただく場合は有事の際のみです。 よ続きを読む “名無しの権瓶さん”

日本語を忘れてしまう?

幼少時は覚えるのも早ければ忘れるのも早いと言います。 小さい頃家庭で日本語で話していたのに、現地幼稚園に通い始めたら日本語が話せなくなってしまった・・・ 現地の幼稚園、小学校に入ると現地語がどんどん強くなっていくのが普通続きを読む “日本語を忘れてしまう?”

お腹が空いていない時は食べないのが一番!

一日に三回食事をするというのは誰が決めたのでしょうか? 江戸時代には一日二回だったそうです。 一日二回だとお腹が空くと思うので、間食があったのではないかと想像できます。 ひょっとしたらそこで和菓子も発生したのでしょうか?続きを読む “お腹が空いていない時は食べないのが一番!”

現地語で育つ子供の日本語-親が出来ること

自分の子供が小さい頃は、どうして良いか分からず随分右往左往してしまいましたが 最近になって、専門家の助言を聞く機会に恵まれました。   以下は、『もっと早く知りたかった身近なコツ-ベスト3』ともいえる項目です。続きを読む “現地語で育つ子供の日本語-親が出来ること”

デュッセルドルフの町中にお住まいで車をお持ち、駐車にお困りの方に…

デュッセルドルフの町中に住んでいる方、市から特別駐車許可証をもらうことが出来ます。 自宅の周り半径1kmくらいならどこにとめても無料で、パークチケットが不要です。 その情報に関するページを新しく用意しましたので、該当する続きを読む “デュッセルドルフの町中にお住まいで車をお持ち、駐車にお困りの方に…”

母語の大切さ

生まれてから6才くらいまでの間の言語習得能力は驚くべきものがあります。 幼児は真綿のように、経験したことをそのまま学習して身につけます。 当たり前のことですが、美しい日本語を聞いて育てば美しい日本語を覚え、 不完全で悪い続きを読む “母語の大切さ”

眠くない時は起きているのが一番!

「よく寝れない…」 という人がいます。 それをとても気にしているように感じられます。 でもそれを気にする必要なんかないんです。 みんな生身の人間です。 眠い時もあれば、眠くない時もある。 寝たい時に寝て、眠く続きを読む “眠くない時は起きているのが一番!”

家で日本語ばかり話すのはNG?

親が話す言葉と、現地語が違う場合、親は子供のことばに ついて、迷いがあることが多いと思います。 「ドイツ語も大事だけど、私の話す言葉も話せるようになってほしい」 「2言語環境だと、小さい子は混乱するのではないか」 「家で続きを読む “家で日本語ばかり話すのはNG?”

国語と日本語学習での語彙数の違い

国語と日本語は大きな隔たりがあると前回おつたえしました。 その大きな要因のひとつに語彙数があります。 子どもは言語発達に合わせてどれくらいのことばの意味「語彙」を身につけるのでしょうか。 幼児期に獲得されるのは基本語彙と続きを読む “国語と日本語学習での語彙数の違い”

キッチンを貸してくれないかなー? の英語にYes と答える私の英語力。

NHKの「大人の基礎英語」で会話を勉強している。 義務教育(と言っても私の世代は三年間)の段階での文法力で 海外旅行を乗り切るのが目標の番組である。 私の住んでいる所も中国人がかなり行き来するようになり、冬になればパウダ続きを読む “キッチンを貸してくれないかなー? の英語にYes と答える私の英語力。”

夜、常に爆睡なので、「良く眠れない」という人を理解できなかったのに、花粉症で眠れない…汗。

私は超朝型です。 寝るのは21時~22時、ひどい(?)時は21時前。 過去に3人の子どもを寝かせつけるので早寝の癖がつきました。 とはいうものの、昔から23時には瞼が重くなる方でしたが… 起きるのは普通朝3時続きを読む “夜、常に爆睡なので、「良く眠れない」という人を理解できなかったのに、花粉症で眠れない…汗。”

バイリンガルになれる確率

「バイリンガル」というのは両言語とも母語レベルの人をさします。 外国で育つと簡単に「バイリンガル」になれそうなイメージがありますが、これは極めて稀なのです。 語学のずば抜けた天才でない限り、かなりの訓練をしてもなかなか完続きを読む “バイリンガルになれる確率”

Windows10 顛末記に思うパソコン音痴。

以下、新聞に載っていた記事からの抜粋です)投稿者の年齢は60歳 女性 『パソコンを使っていて、Windows10に強制的に 変えられてしまっていた。更新するより選択肢がなかったのだ。 まったく違う壁紙に苦労しつつ 情報の続きを読む “Windows10 顛末記に思うパソコン音痴。”

わたしの子供が話す日本語、それは「継承日本語」

継承日本語という言葉を聞いた事がありますか。 「継承語」は、英語の「Heritage(継承) language 」を訳した言葉で、初めは 分かり難い言葉だという印象を持ちました。 継承と聞いて、まず思い起こしたのは文化遺続きを読む “わたしの子供が話す日本語、それは「継承日本語」”

NASAによると、今年の夏は過去最高の暑さ。花粉症も過去最悪?

奇妙に暑い冬が過ぎ、ラジオのニュースで聞いたNASAからの発表によると、今年の夏は過去最高の暑さになるそうです。それと関係あるのでしょうか、今年の花粉症は物凄い… キャベツのお陰でこの5,6年ほどはかなりひど続きを読む “NASAによると、今年の夏は過去最高の暑さ。花粉症も過去最悪?”

外国でこどもの日本語を育むために

私はドイツのギムナジウムで30年以上、外国語としての「日本語」を教え、後にデュッセルドルフの補習校でチームティーチングを依頼されて小学1年生から中学3年生の子たちが「国語」として日本語を学ぶ現場に1年間立ち合う貴重な機会続きを読む “外国でこどもの日本語を育むために”

数学:土台となる力をつける

数学が苦手な子は、中1のうちに中3までの計算をしたらよいのはなぜかというと・・・   中学校の数学では、大きく分けて計算と図形、これがほとんどを占めています。 ところが図形でも計算が必要です。 日本の場合は計算続きを読む “数学:土台となる力をつける”

メルケルさん再びダイエットを!

メルケルさんが伊勢志摩サミットに来て、ちょっと がっかりしました。 すっかりスキーの怪我以来、ダイエット成功者として 成功していたのに、また元の木阿弥。 誰とも談笑せず、気遣うオバマさんも無視、 一人黙々と食べ続ける態度続きを読む “メルケルさん再びダイエットを!”

数学:中1なのに中3の内容までやっちゃっていいの?

いいんです。 こどもは色々。状況も色々。みんな一律の枠にはめるのはオトナの都合、教える側の都合です。いい先生なら普通、生徒を不平等に扱います。もとい、子供の違いに応じて変幻自在に対応を変えます。伸びるものはどんどん伸ばせ続きを読む “数学:中1なのに中3の内容までやっちゃっていいの?”

バイリンガル・セミリンガル

海外で子育てしている両親ともに日本人のケース(自分のことですが) ・・・こどもは家では日本語、外ではドイツ語、英語も学校で習うし、そのうちフランス語 までできるようになっちゃう?(ラッキー!) ところが調べたり経験者に聞続きを読む “バイリンガル・セミリンガル”

伊勢志摩サミットのメルケル女史

日本の友人から下記のメッセージが届きました。 … 前略… ところでメルケル女史、またデブへと逆戻り。伊勢志摩サミットでは会議中も、一人でばくばく食べ続けていた。(テレビでしかと観た!) また、続きを読む “伊勢志摩サミットのメルケル女史”

見てください、この花粉!

見てください車の上にたまったこの花粉。 ここ数日の強い雨で、2,3日止めてある車の上に落ちたものです。 さてここで先ほどの我が家での夫婦の会話。 私 「いや~、ほんとに凄い、今年の花粉」 雨が降っているにもかかわらず… 続きを読む “見てください、この花粉!”