ドイツの生活・ビジネスでは、当然ながら泣き寝入りはご法度です!

その彼の技術力なしでは仕事が進まない、とても良くやってくれるちょっと変わったドイツ人スタッフが、フリンジベネフィット(*)として、ある日本のメーカーの車をリクエストしてきました。

* お給料以外に、例えばその人専用の社用車とか、アパート代費用とか、出来る優遇社員にエキストラとして支払われる追加の報酬

しかもフルチューンの改造付きで、何と500馬力ほどにもなる、ラリー用スポーツタイプの車です。(私と同じで)彼はベンツやBMWにはあまり興味がないそうです。新車を購入後、すぐに業者さんに改造してもらうそうです。

会社の業績は良く、その業績は彼の仕事にも頼っているので当然です。そこで彼が望む、ある日本のメーカーのスポーティーな車を購入しました。ところがその車が欠陥車だったのです。

それほど頻繁にあるお話ではありませんが、たまにあるお話です。ドイツではそういう車のことを、金曜日(に作られた)の車と言います。車を作っている作業員たちが、花金気分でルンルンと作っているので不良になるという意味です(笑)。

過去にも私が勤めた会社の社長の新車のベンツが調子悪く、何度もワランティーの修理に出した末に、シリンダーヘッドに不良が見つかり交換となりました。

さて今回、何度ワランティーの修理に出しても直らず、それはもうたまたまの不良品としか思えません。相手の態度はあくまでも逃げの対応です。非を認めずに逃げる姿勢は良くありません。それに対して泣き寝入りをするのも良くないことです。

お互いのためにならないからです。自分のためにならないのは、損をするからということですぐに分かりますが、なぜ相手のためにもならないのでしょうか。

それはそのことによって相手の甘えが始まるからです。甘えは決して本人のためになりません。本人が弱くなってしまいます。甘えが続いて本人が弱くなり、いつかは滅んでしまうのがその人のためになるでしょうか? 否ではないでしょうか。

さてそういう場合、相手は非を認めない努力をします。どうしたら良いでしょうか?  そういう時は上に訴えるのが一番です。「店長を出せ!」、「上司を連れてこい!」、「社長を出せ!」の類です。日本のメーカーであるXXの正規ディーラーの場合、その上はXXジャーマニーです。そこに文句を言うのが一番です。

そこでXXジャーマニーにクレームをつけました。でも案の定、お返事がきません。でもそこでハタと考えて、その上にはさらに日本のXX本社がいることを思い出し、そんなこんなで日本にいる妹と電話でその話をしていると、何と偶然にも、そのメーカーの株を少し持っていると言います。そして株主であると、一般には公開されていないという本社の役員たちが株主たちに紹介されていることを知りました(2005年頃)。

そこで思いついたのが、本社の社長宛にキツ〜いクレームを出しました。「現地のディーラー、さらには現地販売子会社がこんなんではどうするのですか!」 と…笑。その手紙は、本社の役員の数だけコピーして、CCの手紙版として全ての役員にも出しました。

そうしたらどうでしょう、1,2週間もしない内に、すぐにその正規ディーラーから連絡が来ました。日本の本社がXXジャーマニーをプッシュし、XXジャーマニーがその正規ディーラーをプッシュしたようです。

そのディーラーからかかってきた電話の最後に、「頼むから(何でも言うことは聞くから?)XXへの直接のクレームはもう勘弁して欲しい…」と言われました…笑。

私のようなのを「クレーマー」と言うのでしょうか(笑)?

何を言いたいかと申しますと、正義があれば(というと大袈裟ですが、理にかなっていれば)、相手の傲慢に対して泣き寝入る必要など全くなく、正々堂々と立ち向かうべきです。それは特に西欧におけるにビジネスにおいては大事なことです。(外交においてもです)

川崎英一郎

広告

ドイツ進出完全サポート ドイツアウトソーシング完全サポート

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス
ドイツの生活・ビジネスでは、当然ながら泣き寝入りはご法度です!」への2件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    このブログの筆者様は、クレーマーではありません。
    私もドイツ滞在の時は、修理に出したCDプレーヤーが修理もされず
    それどころかばらばらに解体されて戻ってきたことがありました。日本なら
    「ニュースもの」です。職員は「知らない、知らない」の連発・・・・。

    当然泣きねいりせず「社長出せ!」で済みました。日本ではありえないなあ。
    (最近の日本はわからないか・・・・)

    • netdeduessel より:

      実は本人もそう(クレーマーではないと)思っています(笑)。
      実は私は、日本ファン外国人ならぬ、日本ファン日本人。

      日本、日本人って(世界の物差しで計ればのお話ですが...) かっこ良いと思います。
      謙虚は美徳、ことあるごとに「すみません」、「ごめんなさい」を連発して、そのクセ責任感が強いです。

      幕末以降に日本に来た外国人の多くはそう感じて驚き、あるアメリカ人はそれを「恥の文化」と呼んでいます。
      そういう意味では最近の日本はかなり低迷気味のようですが、それでも日本ファン外国人の気持ちが良く分かります。

      でもその国民性だと、(外交と同じで) 海外ではやられっぱなしになってしまいます。
      そこで、正しいことは正しい、悪いことは悪いと主張できなければなりません。

      泣き寝入りでは駄目なのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。