通訳という、素晴らしいお仕事の醍醐味 1

前回の通訳のお仕事は、劇物を入れる巨大な容器を製造するドイツのメーカーと、そのメーカーを訪問する日本の会社の間に入って行うコミュニケーションでした。

劇物をいかに安全に扱うかという容器なので、それだけで最初から興味津々でしたが、日本側がお客さんであるということにも興味が湧きました。

なぜなら、多くの分野で日本の技術はトップを走っているからです。「へ〜、その分野では日本はまだドイツにかなわないんだ〜」といった単純な理由です。

蓋を開けてみてびっくり。日本にはそういうメーカーがゼロ。そうなるともう海外から買うしかありません。同じ物を作れる会社が世界に僅か数社。ドイツには2社もありました。さすが日本が明治時代に先生の1人とした国。

優れた製品で、「この会社のこれ!」と指定買いをするお客さんを世界中に持つ日本のメーカーなら枚挙にいとまがありませんが、「その逆みたいなケースもあるんだ!」というわけです。

日本の職人さんが優れているのはよく知っていましたが、分野によってはドイツの方が上という事実が今回良く分かりました。

それは鉛の加工技術の職人さんです。鉛は金属の中でも火に弱い代わりに、放射線などに強いのは知られています。バーナーの火を当てて鉛を加工するのですが、優れた職人さんはそれを天井、顔の上でやってのけてしまいます。

鉛はバーナーの火を当てると溶けて液体状になります。液体状にするから加工できるのですが、それを顔の上で行って、もし熱くし過ぎてサラサラの液体状にまでしてしまうと顔の上に溶けた熱い鉛が垂れてしまいます。

日本から来た訪問者側曰く、日本にはそれができる職人さんは今1人しかいないそうです。昔はもう少しいたようです。日本の職人さんが危ないという憂いはどうやら本当のようです。

そういう職人さんがそのメーカーに3人いて、ドイツに2社あるもう一方の同業者にも3人いるとすれば、少なくとも6人はいることになります。

日本にはそういうメーカーがなくても1人いるのだから、ドイツにももう少しいそうです。素晴らしきドイツの職人技。

今回はいつものように日本からドイツへの輸出です。ある物を作る機械装置なので、ミニプラントと呼べるでしょうか。

産業の中でも特に大物業界である自動車産業。あるドイツの有名なメーカーから、これまたある日本の中小企業が作る優秀な製造装置が選ばれました。

驚いたのはその日本のメーカーの規模。僅か50人です。納める装置は車の主要な部分をゼロから完成品にまで仕上げてしまうミニプラント。

そう言っては大変失礼ですが、僅か50人しかいない会社にどうしてそんな複雑なミニプラントを作れるノウハウの蓄積があるのでしょうか。

聞いてみてそのカラクリが分かりました。その会社には、その装置を何から何まで全て1社で作り上げてしまうノウハウがあるのではなく、その装置で作る製品を作り上げるために何が必要かのノウハウが詰まっているのです。

それはうちの会社で2006年に成功した身分証明書鑑別機のケースと似たところがあります。それはタバコ自販機業界で、最初は16歳、その後法律が変わって18歳と、喫煙が許されていない未成年のタバコ購入を防ぐための装置でした。

手前味噌になってしまいますが、その時僅か3、4人の会社が13億円くらいの年商を上げてしまいました。年商3〜4億円/人というのは少し自慢しても良い数字です(笑)。

一言で表現すれば、その製品を必要としていた市場と、その製品を作る能力があり、且つ作りたい企業を結びつけたのですが、勿論そこには「言うは易し、成すは難し」があります。

まず第一に、その製品がイザ出来た時に本当に売れるのかどうかですが、当然これが最も大事です。次にそれを作ることができて、しかも作りたいという企業を見つけることです。

これ以上書くと話がどんどん横にずれて長くなるので別の機会に書きます…笑。

その時のうちの会社と今回の日本の会社と大きく違うのは製品の大きさ。うちの会社の製品は手のひらに乗ってしまうほど小さいもの。小さなメーカー1社で作れてしまいますが、今回の装置はそういう訳にはいきません。

複雑極まる制御技術、センサー技術、電気系統、メカ、ソフト、鋳造技術など、物を作るためのあらゆる技術がてんこ盛りです。

最も興味深いのは、その中小企業が複数の名だたる大企業のお客さんとなり、それらの製品群を束ねてしまっていることです。

制御関係はあのSIEMENS、センサー関係はキーエンス、他にもジョンソンコントロールズ、富士電機などと、あまり書くとその製品が何であるかバレてしまい、それは業務上許されないのでこの辺でやめておきます(笑)。

通訳の醍醐味 2 に続く…

通訳のご用命なら ⇒ www.tsuyaku.co まで!

川崎英一郎

 

投稿者: germanydebusiness

ドイツ進出完全サポート ドイツアウトソーシング完全サポート

通訳という、素晴らしいお仕事の醍醐味 1」に3件のコメントがあります

  1. 日本の優れた零細中小企業も、必死でこの不況の波を乗り切ろうとしてます。
    筆者の通訳を通して、少しでも残ってほしいと思います。
    確かにそうですね、東京都の大田区の、ボーイング社の翼
    広島の小企業の、バレーボールのボールづくりの世界シェアー、
    こういう見えない企業をずっとのこしていくことも、日本人の努めだと思っています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。