市場調査を自社で行わないなんて、もったいなさ過ぎる...

市場調査を自分の会社の社員に行わせない会社が多くありますが、それは一体どういうことでしょうか?

責任逃れのためでしょうか?

もし自分の課のスタッフが自分たちで調査した結果、それが間違っていたら上に対して大変なことになるからでしょうか?

市場調査を行うくらいですから、それは社の今後のことを予想するために行う大事なことのはずです。

それを人任せにしてしまって良いものでしょうか?

どんな業界でも良いのですが、その業界のことなら自分たち(や競合) が一番良く知っています。

市場調査会社はあくまでも第三者として調べますので、その業界に先ずはコネがありません。

予備知識も勿論ありません。

ゼロからスタートする費用が全て請求されます。

「だからこそ新鮮な情報が入る」 と考えることはできますが、調査をしたい内容をもしその業界内で訪ね歩いて集めるとしても、そんなに良い情報を誰が外に漏らすでしょうか?

という事は、調査会社はあくまでも入手可能な情報を集め、それに基づいてまとめあげます。

つまり過去のことです。

現代の社会はとても動きが早く、今の情報はあっという間に古くなってしまいます。

さてここで何を申し上げたいかですが、市場調査は自社スタッフが行うこと以上に良いことはありません。

自社スタッフであれば、ある程度業界のことは既に分かっています。

そしてそこに不足する追加の情報を調べる過程で、色々なことが身に付きます。

まずは業界の人との関係です。

そして情報そのもの。

さらにその情報も、自分で集めたものと、人に集めてもらったものでは大きな差が出ます。

楽して手に入れたものは身に付きません。

自分自身の足、頭を使って知恵と汗を出して集めたものは身に付きます。

さらにはその調査を行うこと自体が試練となってその人が伸びます。

社にとって、こんなに美味しい業務を、わざわざ外に依頼するのはもったいなさ過ぎるのです。

えっ? 日本にいてヨーロッパの市場調査はできない?

そうでしょうか?

その場合も、調査会社に任せるのではなく、最低でも英語のできる自社スタッフを送り込んで勉強のためにもなる市場調査を指示した方が良くないでしょうか?

市場調査代は安くはありませんし、以上の理由から出てくる結果は既に過去のもの。

その高い費用を自社スタッフ派遣の費用にあて、自身で行えばそれだけの苦労も、身に染み付いた情報も社に残ることになります。

えっ? 「それを任せる社員がいない?」

それでは市場調査をする以前の問題解決が必要ではないでしょうか?

仮に市場調査会社から良い結果が出ても、それを使える社員がいないのでは調査の意味もありません。

市場調査には、勿論優れ社員を当てる必要があります。

弊社では、そのような場合に備えて、市場調査向けの駐在員を迎える体制を整えています。

オフィースのスペースから、オフィース周りの全て、そして最も大事なドイツでのビジネスサポート。

市場調査は調査会社に任せずに、自社で行うべきです。

川崎

www.germanydebusiness.de

 

広告

ドイツ進出完全サポート ドイツアウトソーシング完全サポート

タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス, 未分類
市場調査を自社で行わないなんて、もったいなさ過ぎる...」への1件のコメント
  1. […] . 市場調査を自社で行わないなんて、もったいなさ過ぎる... […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。