デュッセルドルフの駅前のお掃除、明日は1周年記念日です!

先日、こちらに長いある日本人の方からご指摘を受けました。 「家をきれいにしているドイツ人にとって駅前の掃除は嫌味にならない?」 確かにそう思うドイツ人もいるかも知れません。 実際に、「何でそんな(馬鹿みたいな?) ことし続きを読む “デュッセルドルフの駅前のお掃除、明日は1周年記念日です!”

便利と楽は不健康。時代の逆行が健康の秘訣

車、家電、加工食料品、IT、靴…などなど、生活を便利にしてくれた文明の利器が、実は全て人間を不健康にした犯人たちです。 ではどうしたら健康になれるか。答えは簡単。便利な機器をなるべく使わないようにすればいいわけです。 な続きを読む “便利と楽は不健康。時代の逆行が健康の秘訣”

今年の花粉症は、薬を使わなくても大丈夫!

「おい、おい、またかよ…」 と言わないでください(笑)。 暖冬の後の今年の春はもう既に花粉が飛んでいます。でもひどくなるのはまだまだこれからだと思いますが、キャベツで治せる人が多くいると思います。 花粉だけではなく、免疫続きを読む “今年の花粉症は、薬を使わなくても大丈夫!”

ブロークンウィンドウの原理については、あのウォルトディズニーさんもほぼ同じようなことを言っておられています…

たった今、掃除を手伝ってくれる知人から知ったのですが… ウォルト・ディズニーさんの言葉(ブロークンウィンドウ理論Ⅲ) 2010-02-18 12:40:56 | クリーンサービス ディズニーランド本国で自社の続きを読む “ブロークンウィンドウの原理については、あのウォルトディズニーさんもほぼ同じようなことを言っておられています…”

なぜ自殺はしない方が良いのか、子供は作った方が良いのか。

それは自分(各人みんな)が存在するからです。 自分の存在は、自分の両親(2人)、おじいちゃん、おばあちゃん(父親、母親両方で4人)、さらにその親たち(8人) というように辿っていくと、あっという間に豊臣秀吉も驚く数(*)続きを読む “なぜ自殺はしない方が良いのか、子供は作った方が良いのか。”

掃除の功徳 (和平の面から)

この日本をよくするのは、財務大臣でもなければ、総理大臣でもありません。国民一人ひとりの、ほんのちょっとした生き方にかかっています。 不景気も、外国 から一方的に持ち込まれたわけではありません。みんな、私たちの毎日の行動が続きを読む “掃除の功徳 (和平の面から)”

暖冬の後の花粉症

どうも鼻がムズムズすると思ったら、何ともう梅の花が咲き始めているではないですか… (梅の花粉に反応しているのかどうかは分かりませんが…) 今年のドイツは過去にないほどの暖冬で、冬の間に芝刈りが必要なほどでした続きを読む “暖冬の後の花粉症”

市場調査を自社で行わないなんて、もったいなさ過ぎる...

市場調査を自分の会社の社員に行わせない会社が多くありますが、それは一体どういうことでしょうか? 責任逃れのためでしょうか? もし自分の課のスタッフが自分たちで調査した結果、それが間違っていたら上に対して大変なことになるか続きを読む “市場調査を自社で行わないなんて、もったいなさ過ぎる...”

苦境に立たされるメルケルさんに提言。ひょっとしたらISILのバック組織かも知れない爆弾ATM強盗をとめる方法。

ドイツでは今、爆弾を使った銀行(ATM) 強盗が流行っているのをご存知でしょうか? 流行っているというのはおかしな表現ですが、とにかくあちこちで起きています。 まさか自分が通う銀行がやられるとは思っていませんでした。「ま続きを読む “苦境に立たされるメルケルさんに提言。ひょっとしたらISILのバック組織かも知れない爆弾ATM強盗をとめる方法。”

地上最強の風邪薬とは?

その答えはキャベツ! ではありません。 漫才とお風呂です。 実はキャベツはローマ時代やそれ以前のギリシャ時代には薬として食べられていたそうですが、それは多分胃腸薬か何かとしてではないでしょうか。 一般に薬と言うと、病気の続きを読む “地上最強の風邪薬とは?”

なぜ掃除? それはドイツ、ヨーロッパで1980年代後半の無法地帯、ニューヨークを再現してはいけないから

月に一度の駅前のボランティアの掃除を始めてもうすぐ1年が経ちます。恵まれたことに、最初から数人の方々が参加して下さっています。 このままマイペースで続けていくと、その意義に気がついて下さり、参加者が少しずつ増えます。 と続きを読む “なぜ掃除? それはドイツ、ヨーロッパで1980年代後半の無法地帯、ニューヨークを再現してはいけないから”