クリエイティブな子供たち2 根本的に考える

受験と一口に言っても本当に色々です。

すべてをひとくくりにして単純に受験そのものを良い、悪いと判断することはできません。
ただ、全員が全員同じことをやらなければいけないような状況というのは非常に疑問を感じますし、わけもわからず本来とは違う方向へひたすら頑張らせるというのは違うのではないかと思います。

受験のためだけの受験勉強、中間、期末のためだけの試験勉強をしているのであれば、それは弊害ばかりが大きく、賢くなるどころかその反対になってしまうのではないでしょうか。

私たちはともすると目先のことにとらわれがちだったり、周りの意見に流されたり、みんなやっているからうちも・・・となってしまいがちです。
目的と手段を取り違えてしまったりということも大変よくあることです。

何をするにもやはり、根本的に考える、ということが一番大切なのではないでしょうか。

安岡正篤氏による「思考の三原則」というものをご紹介します。

一、 目先に捉われず、出来るだけ長い目で見ること
二、 物事の一面に捉われないで、出来るだけ多面的に、出来れば全面的に見ること
三、 何事によらず枝葉末節に捉われず、根本的に考えること

以上を頭に置きながら考えてみませんか?

勉強は、何のために行うのでしょうか。
受験のため?
よい学校に入るため?
学歴?就職?
将来安定した職に就くため?
勉学はそのための道具なのでしょうか?

人によって意見が分かれるかもしれません。
そもそも学校に行く目的って何でしょう?
教育の目的って何でしょう?

答えは1つどころか数万通りあるかもしれません。

江戸時代の町の寺子屋、藩校、それぞれに目的がありました。
教育をする側と受ける側でも目的はちがいます。

明治以降の教育は明確に国家の意図、目的が反映されています。
日本は近代化のために西洋科学を取り入れ、勤勉で優秀な労働力、兵力を大量に必要としました。
戦後は・・・建て前と本音が色々あって話がややこしくなるので割愛します。

ここでは、教育を与える側ではなく、受ける側、しかも「(自分の)子供にとっての」という前置きを付けましょう。ただし親にとってではありませんよ。あくまで子供にとって、です。

「自分の子供にとっての学校に行く目的、教育を受ける目的、勉強をする本来の目的」は何だと思いますか?
もちろん1つではないはずです。(1つしかないとしたら寂し過ぎます・・・)

このことを本当に考えたことのある人は意外と少ないのではないでしょうか。

親として、教育の目的は何か、勉強する目的は何か、を
・目先に捉われず、出来るだけ長い目で、
・一面に捉われないで、出来るだけ多面的に、出来れば全面的に、
・枝葉末節に捉われず、根本的に
ぜひ真剣に考えてみませんか。

ASOBO! 山片重信
http://asobo.de
子供たちにスキーを始め色々な遊びの体験をしてもらうASOBO!を主宰。
元々は中学・高校受験の大手塾講師。現在も理数科目の指導を行っている。

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!
↓↓↓     ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
広告
タグ: ,
カテゴリー: 教育
クリエイティブな子供たち2 根本的に考える」への4件のコメント
  1. germanydestart より:

    どうして知恵を優先させないのでしょうか?
    生きてゆく上で一番大事なのは知恵ではないでしょうか?

    エジソンの偉大さは、学校をやめさせて自分でエジソンに教育をしたその母親にあったのでしょうか...
    過去の多くの偉人の共通点は、母親が素晴らしかったことだそうです。

    母親が子ども(偉人) を100%受け入れて、褒める教育、長所を伸ばす教育をしたそうです。

  2. […] 前回、真剣に考えてみませんか?などと言ってはみたもののあんまり真面目くさってもよくないので少し気楽にいきましょうか。 […]

  3. senryusato より:

    素晴らしいです。でも日本では受け入れられない可能性大です。
    短時間に「受験」に必要な科目を効率よく教える中高一貫が人気なのはそのためでしょう。
    札幌でも私立に「優秀なこども」を取っていかれないために公立の中高が人気です。
    (ちなみに学力テストか「くじびき」で決まります)。くじ引きというのが「平等でない」とのことで問題続出(笑)。
    遊びながら「学力向上」のためでないようなでも結果的には学力向上の学校があれば私も入れたいです。

    • ASOBO! より:

      学力って何でしょうね。
      賢いのと学力があるのとはまた別のことのように思いませんか?
      そもそも「賢い」という言葉の本当の意味は何でしょうね。
      「賢い」「頭が良い」「学力が高い」「成績が良い」
      これらの言葉の中では「賢い」が一番好きです。

      ところで私の通った高校は進学指導が禁じられていた学校でした。教師は大学入試対策をしてはいけないし、授業で入試問題を扱うなどということも一切ありませんでした。これは相当珍しいようで、卒業後に他の高校の話を聞いてびっくりしました。
      「え~、学校で受験対策なんてするの?!居残り特訓とか夏期講習まであるの??それ、学校じゃなくて塾じゃん・・・」
      と思っていたのですから実は宇宙人ですね(笑)

      だから相当日本の常識からは外れていて、到底受け入れられないだろうな・・・と思います。
      でも、少しでも似たように考える方がいらっしゃると嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。