世界で最も見て欲しい動画、世界で最も貧しい大統領の衝撃的なスピーチ

「現在の資本主義が今後たちゆかなくなる、それに代わるものが必要だ」、「今はその変革期である」ということを、東西の偉人たちの多くが口をそろえて述べています。

確 かに、売上至上主義の、メーカーから不要なものを買ってしまう、身体に良くないと分かっているものを買って食べてしまう、便利な機器によって身体を動かさ なくなってしまう...などという、現在のメーカー(産業)主導の世界では、そのうちいつか本当に人間はおかしくなってしまいそうです。

2012年の地球サミットでのウルグアイ大統領の演説をご存知でしょうか。そんなおかしくなってきてしまった現実に対して、強く心に訴えかけるものがある、先進国の人間必見、必聞(必読)の衝撃的な演説です。是非一度ご覧ください。

この大統領は、お給料の8割を国家プロジェクトに寄付し続け、月千ドルで生活しているそうです(その割に太っているのがちょっと気になりますが...) 若い頃は革命などに参加する活動家だったようで、幕末の頃の多くの志士たちにあったような強い志をもっているようです。

このサミットに行く時も、自国には専用の飛行機がないので、ブラジルの大統領に頼んで一緒に乗せていってもらったそうです。それがメッセージの冒頭のお礼の言葉のようです。

ganbarenihon

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

投稿者: ganbarenihon

日本人

世界で最も見て欲しい動画、世界で最も貧しい大統領の衝撃的なスピーチ」に2件のコメントがあります

  1. 本当に偉大な大統領ですよね。日本の取材班が行ったときにも、自分で運転して家まで案内してくれていました。こういう人に大統領になってほしい(泣)。税金を一杯使って、それでも足りなくて国民に背番号をつけて、溜め込んだ銀行預金を探ろうとしたり、月100万もの事務費に領収書が不要だったりする日本の政治家に学んでほしい・・・・。
    清貧な人って、こういうムヒカさんのような人ですよね。

    日本でもその日常が放送されました。気さくな人です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。