パスポートのありがたさ、日本人であるということの重み

ドイツに暮らす私たち日本人は、当然日本のパスポートを持っています。もしパスポートなくなると、日本に帰ったり、他の国に移動することができません。

当たり前のようですが、パスポートがないと、どの国に行くこともできないのです。その位パスポートは大事なものですが、そのパスポートには何て書かれているでしょうか?

「日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する」と、書かれています。

日本大使館は日本を代表して国交にあたる大使の館、領事館は現地に住む日本人を守る日本国の領事の館です。もし何かあった時は、頼りになる存在が領事館です。

海外に出て、何事もなければ領事館の存在さえも忘れてしまっていますが、いざパスポートを失くすと、その大事さ、ありがたみに気がつきます。

苦しい時の神頼みではありませんが、日本国民を守ってくれるありがたい存在です。

日本国民であるということだけで、パスポートを発行してもらえ、世界中どこに行っても守ってもらえます。

その日本のパスポート、実は世界で最も価値が高いパスポートのひとつなのです。

日本のパスポートだとどこにでも行けますが、アメリカのパスポートだと、アラブ諸国など、行けない国が結構あります。

中国のパスポートだと、行き先の国々で滞在の制限などまで明記されています。

昔の日本のパスポートには少し制限がありましたが、今は皆無です。

だからパスポートの盗難の世界では、日本人のパスポートが闇で最も高く取引されているそうです。

目に見えにくい、意外と気づかないことですが、パスポートのこと以外にも、日本人であるということだけで私たちは得をしていることがあります。例えば過去の立派な日本人の行いのことを知っている海外の人たちがいます。

そういう事実を知ると、同じ日本人としてついつい襟を正したくなる気持ちになりますが、そのような日本人の元々の良さを、海外に出ている日本人1人ひとりも現地で伝えられるようにできればと思います。

そうすれば、領土問題や慰安婦問題、南京問題などの風評被害も撥ね退けることができるのではないでしょうか。

さて、何かあった時に頼りになる領事館。それでも在留届が出ていないと、それもままなりません。

在留届を出したかどうか、情報は古くないかどうか、是非一度ご確認下さい。

もし何か日本国民にとって重要な連絡がある時は、領事館からメールが発信されますが、最新のメールアドレスが明記ないと、そのメールも届きません。

在留届は貴重な資料となりますので、内容に変更がある場合なども、領事館の安全情報発信サイトに申請用紙が用意してありますので、その申請用紙を使って申請・更新してください。提出は、郵送、Fax、インターネットでも可能です。

ganbarenihon

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

投稿者: ganbarenihon

日本人

パスポートのありがたさ、日本人であるということの重み」への1件のフィードバック

  1. 日本人の若者は世界一、非暴力的で大人しく従順さを備えているそうです。でも最近のLineなどでの
    殺人(それも見知らぬ他人への暴力)を考えると、ちょっとな・・・と疑問に思うことも多々です。
    ゲームで年収1億円の会社社長も、自宅も車も持っていず、海外旅行も不動産にも興味がない、そうです。そんな若者が増えています。
    バブルの時代の若者も問題でしたが(自身と重なる)今の若者の無欲、も問題かもなあ。
    アメリカ人の心理学者に言わせると日本の若者は(アメリカでは障害だそうです)
    パーソナリティー障害。
    回避性パーソナリチティー障害、なんだそう。自己を卑下する、自己愛が足りない、主張が足りない、
    争いを嫌い議論を嫌う、人の好き嫌いを言わない、
    日本人としてどちらかというと美徳が、アメリカ人には障害と取られるのは国民性の違いでしょうね。

    日本人であることに誇りを持ちたいとは思いますが、過去の問題とは全く別だし、領土問題等々の
    国際問題とも、一緒くたに、日本人のプライド論を持ち出すのは、いいことではないし、別次元の問題です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。