努力の余地

正月は神社に行って御神籤を引く。いつも引くのは小吉か中吉。統計的に言うと「大吉」が六割で一番多く、大凶が0.3%と聞いている。

御神籤を箱の中に入れるバイトをやっていた人から聞いたのでたぶん本当だろう。

ところが私は大吉を殆ど引いたことがない。

10年前に一度引いてそれ以来一度もない。

それが私の「御神籤運」だと思っていて、「大吉」へと至るまでの努力の余地だと思っていた。神様からは「吉」を与えられ、それを大吉へと昇華させるのは自分自身なんだと勝手に解釈していたら、今年は大吉を引いてしまった。

しまった!とその瞬間、思った。元旦早々こういう、いいことがあると、残りは下降坂になるだろうという嫌な予感がした。

そしてその嫌なことは現実となった。

2日、音楽会に行くと、頭のおかしい人に

いきなり席泥棒!と喚きたてられ、ど突かれた。席は自由席である。泥棒などと呼ばれる筋合いはない。そんな言葉に頑として屈しなかった私は、尚も、ど突かれ「人間としてサイテーだ」と言い捨てられた。そのおじさん、風体が悪く、どこか体調が悪かったのか、ものすごい薬の匂いがした。退院したてなのか、死期が近いのか、そんな顔つきだった。

私もちょっと疲れていて意地になってその席に座り続け無視し続けた、「大吉なんか引いたらやっぱ、こうだよ」と心の中でそんなことを思っていた。

その次の日、なじみのカラオケバーに行ったら、なじみの男性が、常連となってすき放題をやっていた。煙草は至る所で、吸うし席は座りたいところに座り、移動し、持ち物もあちこち置きたい所に置いている。アルコールをたくさん飲んでくれるので、オーナーも何も言えない。おかげで私はニコチンアレルギーなのでくらくらになって帰ってきた。

同じ料金を払ってこのわがまま放題は許せない、とひたすら腹立たしかった。

これも大吉のしっぺ返しだろうか、怒り心頭になりながらコートを脱いだら、腕につけていた数珠のゴムが切れて、バチバチという勢いのいい音と共に床に散った。あーあ。

その後もマーケットに行けば、欲しい物の売り切れ、品切れ、通販の品物はいつまで経っても届かない、歯の不調、熱を出す、など大吉以来、不調は続く。

むかつく、ことこの上ない。

頭に来たので、もう一度「御神籤」を見てみると、「健康」の欄にはこうあった。

怒りも病、気を安定させよ

ちゃんと読んでおかないとこうなる。大吉だからと言って、全ての項目が大吉ではない。

それにしても、やはり私に10年ぶりの大吉は荷が重すぎた。小吉程度で、後は己の努力で切り開くのが私には身の丈にあっている。

神様、次回は大吉以外を私に下さい。
佐藤 庸子
ブログランキングの応援クリック、 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ  宜しくお願いいたします!

紹介

川柳とダジャレを書き込んでいます!

タグ:
カテゴリー: その他, イベント, 健康, 日本、日本人について, 時事
努力の余地」への3件のコメント
  1. chichinpuipui より:

    たった今、使い方のメールを送りました。

    • 佐藤庸子 より:

      チチンプイプイさんの返信の
      この大笑いしている赤ちゃんの写真は
      どなたなんでしょうか?
                      ゆ

  2. 佐藤庸子 より:

    アカウントできてありがとう。
    どうやってこれつかうんでしょうか?
                         ゆ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。