出張者必読! ガイドブックの書かない旅行ガイド: フランクフルト編

さて、州都ヴィースバーデンを先に取り上げてしまいましたが、世界に名だたる金融とメッセの街、フランクフルトについて書かないわけにはいきますまい。

 

正直なところ、欧州大陸2位の大空港があるがゆえに、ストップオーバーで素通りされてしまうことも多い街です(涙)。しかし、「国際モーターショー(IAA)」や「アンビエンテ(消費財見本市)」、「ISH(衛生設備・冷暖房・空調見本市)」などのために出張で来る人は大変多いですし、パック旅行の最終寄港地になることもしばしばです。

「観光資源が乏しい」などと言わず、普通の観光では飽き足らない方のために、ひと味違った町歩きの案内をさせていただきます。(簡単ですので、できましたら地図を片手にお願いします。)

 

 

1)ツァイル(Zeil): 繁華街

上の地図のちょうど真ん中辺りを、ほぼ東西に走っている目抜き通りで、歩行者天国になっています。ここは、ドイツで最もショッピング客の多い通りの一つ。見所は、フランクフルト全体の中心でもある Hauptwache(ハウプトヴァッヘ)を境に、この通りの西側と東側とで歩いている人たちの人種や年齢層が目に見えて違うことでしょうか。

ここのお店はほとんどが世界チェーンやナショナルチェーンですが、中には地元民に人気の名店も。少し外れてはいますが、行列のできるコーヒー屋さんはこちら

更に西へ、旧オペラ座(Alte Oper)の方に向かうとフレスガス(Fressgass)というレストラン街になります。それとほぼ平行に南(マイン川側)を蛇行するのがゲーテ・シュトラーセ(Goethestraße)で、ブランド街です。この辺りは地価がフランクフルトで最も高く、大きめの店舗物件の家賃は月1−2万ユーロにも上ります。

最寄り駅: Alte Oper (U6-7), Hauptwache (S1-9, U1-3, 6-7), Konstablerwache (S1-9, U4-7)

歩いてみたい通り: Zeil, Fressgass, Schillerstraße

 

 

 2)ザクセンハウゼン(Sachsenhausen): 飲み屋街

フランクフルトの中心はマイン川(ライン川の支流)の北側ですが、昔ながらの飲み屋が集うザクセンハウゼンは川の南側になります。ここで飲むべきはヘッセン州の名物「アプフェルヴァイン」(Appfelwein /リンゴ酒)。目抜き通りであるSchweizer Straße 沿いの有名店はともかく、路地裏の老舗などに深入りするとビールを置いていないこともしばしば(←ビールを頼むと「何しに来たんだ!」と叱られます)。

東側の(Localbahnhof 駅から北西方面)の Darmstädter Landstraße と Dreieichstraße の間の旧市街「アルト・ザクセンハウゼン」(Alt Sachsenhausen)は、石畳の雰囲気のよいエリアだったはずですが、かつては米兵、今は学生のたまり場ということで、スポーツバーやHooters すらあるぐらい。金曜日の夜の賑わい方は、新宿の歌舞伎町や渋谷のセンター街以上かもしれません。

最寄り駅: Schweizer Platz (U1-3), Frankfurt Süd (S3-6, U1-3), Localbahnhof (S3-6)

歩いてみたい通り: Schweizerstraße, Textorstraße, Alt Sachsenhausen 内部

 

 

3)ヴェストエンド(Westend): 金融街 & 高級住宅地

地図上、西側(左側)のエリアです。金融街ではありますが、高級住宅地でもあります。高層ビルと、「アルプスの少女」のクララの家(お父さんはフランクフルトの銀行家)が混在するイメージです。住宅街に隠れた名レストランが多く、昔のロスチャイルド家のお屋敷跡であると言われる店がありますし、老舗のカフェ植物園脇のカフェがオススメです。

ちなみに、「5つの矢」で知られるロスチャイルドの金融帝国がフランクフルト発祥であったほか、アンネ・フランクの生家があるのもフランクフルトです。ここ Westend のシナゴーグ(ユダヤ教の集会所)周辺では近年、黒ずくめで黒いシルクハットに黒い頬髭の典型的なユダヤ人が増えました。聞くところでは、東欧から戻って来た人たちのようです。

最寄り駅: Alte Oper (U6-7), Westend (U6-7), Taunusanlage (S1-9)

歩いてみたい通り: Bockenheimer Landstraße, Liebigstraße, Kettenhofweg, Siesmayerstraße

 

 

4) ボルンハイム(Bornheim): 若者の街

かなり規模は小さくなりますが、地図の右上から北西に広がるエリアです。Bergerstraße の南半分に、ベジタリアン系のレストランなどコンセプトの尖ったカッコいい店が並びます。ベルリンの「ミッテ」ほどではありませんが、英語を耳にすることが多いのもこの辺りの特徴でしょう。

最寄り駅: Merianplatz (U4), Höhenstraße (U4)

歩いてみたい通り: Bergerstraße

 

 

5)オストエンド(Ostend): 再開発地域 ①

上述の Westend が西(West)ならば、こちらは東(Ost)側です。しかし、Westend と比べるとはるかにマイナーで、車のショールームと気の利いたバーがいくつかしかない印象だった地域です。ところがマイン川沿いにヨーロッパ中央銀行(EZB/ECB)のビルが建つ前後から、街は急速に成長。いや、まだ成長中なので、まだまだ昔のエキゾチックな香りが残ってはいますが、部分的にレンガ造り風のモダンなアパートが出来たりしている最中です。ベルリンのオストハーフェン(Osthafen)について「ロンドンの Canary Wharf を思わせる」と書きましたが、まさにそのような印象です。

最寄り駅: 強いて言えば Ostbahnhof (U6)

歩いてみたい通り: Hanauer Landstraße

 

 

6)オイローパ・フィアテル(Europaviertel): 再開発地域 ②

こちらはメッセの西側で、急速に住宅が増えている地域です。もともとは Gallus という混沌とした面白い地域だったはずが、新しい小ぎれいな住宅がものすごい勢いで増えました。メッセの南に位置する Skyline Plaza という新しいショッピングモールから西に向けてニュータウンが開けています。温州商人(中国でも不動産投機が好きな人たち)が買い漁ったという話ですが。

最寄り駅: 強いて言えば Frankfurt Messe (S3-6), Festhalle/Messe (U4)

歩いてみたい通り: 強いて言えば Europa-Allee

 

 

フランクフルトは人口70万人しかいない小さな街ですが、「分権国家」ドイツの中でも特に周辺都市の存在が大きく、いわゆる「都市圏」としては200−250万人をも有するのが特徴です。たとえば、トルコ的雰囲気ならマイン川の南岸を東に5−10ほど行ったオッフェンバッハ(Offenbach)、カジノ&温泉&高級住宅街ならば北に2−30分のバート・ホンブルク(Bad Homburg)など、個性豊かな周辺都市があります。

 

_______________________________________________________

文: 黒須寛之   Wakyo Europe – Market Expansion Management & Advisory

■ ドイツでのマーケティング、販路開拓なら kurosu@wakyo.eu
■ ↓ ここまでお読みいただいて、ありがとうございました。最後に応援クリックも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

広告
タグ: ,
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, ビジネス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。