健康エキスパートのパワー朝食。 我が家の最高のご馳走。でも奥さんには内緒...

ことあるごとにキャベツが身体に良いことを言ったり、書いたりしています。でも勿論キャベツが全てではありません。

One of the best です。 キャベツはアメリカ国立がん研究所によって提案された、”デザイナーズフーズ・リスト” の中のトップグループ(ガーリック、キャベツ、カンゾウ、大豆、しょうが、にんじん、セロリ、バーズニップ)に位置づけされた食品です。

さらに他にもいろいろと身体にいい食べ物はあります。でもやっぱり日本(キャベツの千切り)、ドイツ(ザワークラウト)、アメリカ(コールスルー) で昔から食べ続けられているキャベツ。

ローマ時代には薬代わりに食べられていたそうです。

1自称健康エキスパートの私が大好きなパワー朝食をご紹介いたします。

キャベツ入り納豆卵(玄米)ご飯です。

とにかく旨い! 旨さの秘訣はプリプリ卵の黄身と、にんにく醤油。もちろんキャベツのシャキシャキ感、モチモチの玄米も。

入っているものは下記です。

1. 玄米ご飯(玄米100%) 炊き方にコツがあります。

2. キャベツ、大きさ密度により1/4~1/8。雑切り。

3. 生卵1個。黄身がプリプリに新鮮なもの。購入元情報はこちら

4. 納豆。市販のもの一個。

5. にんにく醤油。市販のお醤油を大き目のガラスの容器に移し、そこに皮をむいた生にんにくをたくさん放り込んで数ヶ月置いたもの。にんにくが発酵してガスが出るので、蓋は完全には閉めない。

にんにくの発酵食品として健康度抜群!

アメリカ国立がん研究所によって提案された、”デザイナーズフーズ・リスト” の中のトップグループが三つも入っていて、しかもその内二つは発酵食品として。

でもなぜかみさん(神様) に内緒なのでしょうか?

それは勿論、我が家で出てくる料理の中で、「あっという間」 に自分で作れるこの料理が一番旨いなどとは口が裂けても言えないからです。

健康一番・健康四原則

EK

ブログランキングの応援クリック、 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ  宜しくお願いいたします!

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, Ek, 食事, 健康, 医療と健康
健康エキスパートのパワー朝食。 我が家の最高のご馳走。でも奥さんには内緒...」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    きゃべつは大好き。
    けれど、生卵は食べることができません。
    バランス栄養食の代表、沖縄のゴーヤチャンプルーは
    キャベツとゴーヤと豚肉と卵(いり卵)は
    長生きの代表としても有名で、完全栄養食品です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。