忙しくて時間がない? それじゃあ、時間を作るしかない!

多少の違いはあっても、誰でも行う朝の日課、どの順番で済ませていますか?

1.トイレに行く

2.歯を磨く

3.コーヒーを沸かす

4.新聞を読む

5.コーヒーを飲む…etc.

これらの順番を、3、2、1、5、4、で行うとだいぶ時間を稼げます。

つまり、まず最初にコーヒーメーカーのスイッチを入れ、コーヒーを作っている間に歯を磨きます。

そして歯を磨いている間はトイレを済ませます。

トイレで用を足す間に歯を磨けるようにするには、それが「大」でも「小」でも座ります。

その方が、衛生の面でもはるかに良いのです。

(飛び散りを減らして、便器を洗う人に協力しましょう)

毎朝「大」で時間のかかる人はコーヒーを飲みながら新聞も読めます。

歯を磨きながらトイレで用を足すのは嫌だ、臭い中でコーヒーを飲むのは嫌だという人はこの方法を諦めてください(ウンチの匂いを良くする方法はあります=キャベツ食)。

人には様々な価値観があります。これはあくまでも時間を作る方法なので、そんなの嫌という人に勧めるつもりは勿論ありません。

仕事・作業の種類によっては、待ち時間などがあって、その待ち時間を利用すると他の仕事・作業ができてしまうという、マルチタスクが時間作りのコツのひとつです。

PCのマルチタスクは、CPUの処理速度が早いからマルチタスク(並行作業)しているように見えるだけだそうです。

でも、もしそれを超スローモーションビデオで見ることができるとしたら、実際にはあっちの仕事をしたり、こっちの仕事をしたりと、順番に行っているそうです。

つまり決して同時進行しているわけではないそうです。

処理が早いので、例えば長いプリントアウトの間などに別の作業ができてしまったりします。

話を元に戻して、なるべく高層ビルの上の方には住まないこともお勧めです。

エレベーターに乗っている時間がもったいないからです。

「そんなのわずか数秒〜数十秒の違いじゃないか!」と馬鹿にしますか? ではそれを1年分で計算してみてください。

エレベーターに乗っている時間は、階数にもよりますが、1回だと僅か数秒〜十数秒。

1日最低2回、あるいは数回乗るとして、それを365(日)でかけてみて下さい。さらにそれに年数をかけてみて下さい。

1年単位で計算してみて、それだけの長い時間を一度にただボケ〜っとしていられるでしょうか?

細切れだから目立たずに見過ごしがちですが、多くのことを一年で計算すると別な見方ができます。

定期的に行なう作業には、常にこの見方、計算が必要です。

高い階に住めば、エレベーターの中での待ち時間は中途半端なコマ切れの無駄時間で本を読むこともできません。

階段を使う場合は、足腰の運動になるので逆にお勧めですが…

よって電車の中の読書は勿論お勧めです。本は、常に何か一冊携帯することをお勧めします。

1日の生活の中で、必ず細切れの待ち時間は何度か生まれるからです。

ちなみに私のこの拙いブログも、滑りっぱなしのジョークも、そういう細切れ待ち時間に出来上がっています。

無駄な時間である待ち時間を減らすことが重要です。何とかして欲しいと思うのが、PC を使っていて発生する細切れの待ち時間。

クリックした後に数秒待つことがしばしば。チリも積もれば山になる。あれを集めたらとんでもない量の無駄な時間となります。

だらか常に複数の画面を用意しておいて、クリックするごとに画面を変えて別の仕事を平行して進め、クリック後の待ち時間をつぶします。

ちょっとエゴイスチックですが、かかってくる電話には原則的に出ないという方法もあります。

自分の用事がある時にだけ電話をかける、というものです。

何度かけても、「電話に出んわ」、では、そのうちに相手にされなくなりますが…笑。

そしてお客さんから直接注文・依頼電話がかかる人の場合にはそういうわけにはいきませんが。

電話をする時は、同時にできる単純作業を行いながらマルチタスクを心がけます。

どういうわけか、ワイヤレスでも電話中その場所に縛り付けられてしまう人がいます。

ワイヤレスがまだ存在せず、受話器と電話機が必ずコードで繋がっていた頃の名残りでしょうか。

オフィースで座りっぱなしの仕事をする人には、ワイヤレスでオフィース内を歩きながらの通話を健康のためにお勧めします。

自分の時間が死んでしまっている移動中にまとめて電話をかけるのも有効です。

電話をかけた相手が応答に出ないと、続けざまに何度もかけなおす人がいますが、なぜ少しの時間を置けないのでしょうか?

もしトイレで「大」をしていたら、そんなにすぐに2度目、3度目の電話に出んわ… (ペナルティーの2回目…)

あせる気持ちは分かりますが、あれこそ時間と労力の無駄使いです。

とにかく腹が立つのが飛び込みセールスコール。 あれは時間ドロボー以外の何者でもありません。

ドイツでは、個人相手にセールスコールをすることは幸いにも法律で禁止となりました。

でも法人相手はまだ問題ないようで、飛び込みセールスコールが頻繁です。

セールスコールをしてくる人は、単に雇われて仕事としてやっていることなので、可哀想だからつっけんどんな態度は取れません。

そこで丁重に、でも日本式ではなくドイツ式にキッパリとお断りします。

メールは続けてやらずに、一日に決めた時間や回数だけやりとりするのも方法です。

でないとついついダラダラと、メールだけで一日が終わってしまいそうます。

一見それと矛盾するように思えますが、短いメールは相手に失礼なので気をつけましょう。

なるべく丁寧にメールを書くには理由があります。

メールがあまり短かったり、誤字脱字があると、その人が軽率軽薄に見えるからです。

CCのメールは読まないという方法もあります。

CCのメールまで読んでいると、CCのメールを読むだけで自分の人生が終わってしまいそうです…

自分宛に来たメールにしっかりとお答えするのと、他の人が選んでCCに自分が入れられたメールを読むのと、どちらが大事でしょうか?(時間がないことが前提なので、両方できる人は是非そうして下さい)

それを会社の部下に言うと、「参考にと思ってCCに入れたのに、どうして読んでくれないの? 」と文句を言われます。

そこでそういう時には、そのメールをCCで送るのではなく、メッセージを加えて送り直すように頼みます。

CCのメールは、イザという時の責任逃れという一面があります。

送信者からのメッセージは、あくまでも受信者宛であって、CCの相手へのものではありません。

CCは、あくまでも参考です。部下からCCのメールをもらうと、まるでそれを読めと言われているような気になります。

つまり立場がまるで逆。部下から上司へのCCメールはむしろ禁止にすることをお勧めします。

似たようなことで、人の仕事机の上に、メッセージ無しで何か物を置く人がいますが、それで無駄な時間が発生してしまい、迷惑千万です。

トヨタの生産システムではありませんが、業務には効率が求められないと、今日の不景気の中では競合との熾烈な戦いに敗れて会社をたたむしかありません。

業務上で効率を求めると、無駄な動きがなくなるので、なるべく動いた方が健康に良いなどと言う人も出てきます。

そういう動きはプライベートで一生懸命やってもらって、勤務中は会社が長く存続できるように協力すべきではないでしょうか?

でも座りっぱなしの職業の場合、時々動けるようにしてあげるのも、健康の面から会社側の責任だと思います

餅は餅屋もその秘訣のひとつ。例えばPCなどの設定、自分で挑戦するのもいいのですが、頻度が極端に低い作業は得意な人にお願いしてしまいます。

自分の餅に磨きをかけた方が時間的にはるかにお得です。

このように、無駄と待ち時間を極力少なくする他にも、思い出す、探すという行為を一切やめるのも、時間を作るコツです。

何かを忘れてしまい、思い出そうとする時がありますが、そういう時には最初からすぐに諦めます。

探さない、思い出さない、です。

探す行為、思い出そうとする行為を放棄します。(財布だったら困りますが…)

忘れるという現象は、神様が人間に与えてくれた、嫌なことがあっても、それを引きずらずに忘れて暗い人生を送らないための大事な恵みのひとつとも言われます。

失くし物もそうです。何かを失くしてしまって見つからない場合は、すぐに諦めて探すのをやめます。

どうしたものか、失くした物を探すと見つからないものです。どうせ後で必要がなくなった時に出てきます。

要らなくなった頃にどうせ出てくるのでしょうがないと考えるか、探し物は探すと出てこないものだと諦めて探すのをやめるか…

ものは見方、考え方次第。

集中することもそうです。人間、時間が詰まっていると結構集中できますが、そうでもないとどうしてもリラックスしてことにあたってしまいます。

そうすると、ダラダラと時間が過ぎてしまい、これも時間の無駄使い。

どんな作業にもつねにデッドラインを決めて、それを守るようにすると集中力が高まって時間の無駄が少なくなります。

そうすると一日の活動の濃度が濃くなって頭も使い、エネルギーを使うので、よく眠れて健康にもいいと思います。

ベストは、起きている間中、あらゆることに気合を入れます。

そうしていると早い決断を求められるので、自然と決断も早くなります。

但しやり過ぎはストレスになるのでご注意を。世の中全てはほどほど・バランスが大事です。

忙しくて時間がないと嘆く前に、工夫の余地はないでしょうか?

えっ、もう全て行っている?

だとしたらもう残るはプライオリティーの管理だけです。最初に出ましたが、実はこれがとてもくせ者なのです。

毎日必ずチェックする必要がありますが、面倒臭いので多くの人がそうしません。

緊急を要して重要な案件、緊急でもそれほど重要ではない案件、重要でもそれほど緊急を要しない案件、重要でも緊急でもない案件。

これらに効率よくプライオリティーを付けなければなりません。実はこれが最も大事。

それがよく分かるのが、緊急時のプライオリティー。命に関わるので、プライオリティーの間違いは許されません。

子供と一緒に飛行機に乗っていて、何かトラブルがあって酸素マスクをする場合、先ずは親が先です。

なぜでしょう。もし子どもを先にすると、2人とも助かる確率が下がってしまうからです。

生死ギリギリのケースなどの場合、親の方がしっかりしているので、親が何とか助かれば子供も助けやすいですが、それが逆だと親子共々ダブルアウト。

毎日のこのプライオリティーの確認は、効率良い仕事の進行に必須なものです。

人間はどうしても易きに流され易いので、強い意志を持って十分な自己管理が必要です。

今時暇を持つ人は珍しいくらい誰でも忙しい世の中です。それでも皆さん必ず公平に1日24時間。

忙しいというセリフは、それには興味がないと言っているのと同じ。

そして忙しいという字は、心を亡くすと書きます。心を亡くしたくはないものです。

できないことまでやろうとしない、忘れたことを思い出そうとしないことでかなりの時間が生まれます。

他にも意外と大事なことは、泥縄方式です。転ばぬ先の杖とか、備えあれば憂なしとは言いますが、しなくてもすむ可能性のあることは、取り合えずはしません。

その代わりにしなければならないことが分かっているものは先延ばしにせずにすぐにやってしまいます。

やると分かってから始めるので泥縄ですが、準備が無駄になるのでは時間も労力ももったいないです。

でもやっぱり一番大事なのは、時間を無駄にしないためにはどうしたらよいかを常に考え続けることではないでしょうか? そうすれば自然に色々と知恵も出てきます。 死ぬまでの時間はあっという間です。

でもこれらの方法もやり過ぎや、一歩間違うと人に嫌われるので、注意も必要です…

世の中全てバランス…

germanydebusiness

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

ドイツ進出完全サポート ドイツアウトソーシング完全サポート

タグ: , , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ビジネス
忙しくて時間がない? それじゃあ、時間を作るしかない!」への4件のコメント
  1. kenkoyongensoku より:

    電車の中は、時間有効活用の宝庫です。 例えば懸垂。 他ではあまりできない運動です!

  2. ASOBO! より:

    大変素晴らしい記事をありがとうございます!
    肝に銘じたいと思います。

    朝、トイレで新聞、コーヒーは父が行っていました。
    やけにトイレが長かったですが(笑)

    時は金なりといいますがむしろ

    時>>>>>金

    ですね。

  3. 佐藤庸子 より:

    認知症予防の番組を見ますと、「つごうよく忘れる」ことを
    防ぐためには、しつこく思い出す努力をしろ、と医師が言ってました。
    精神科医は、いや、そのストレスを考えると忘れろ、と言ってました。
    うーん、どちらを優先するのか。
    私はアメリカ人のように、ジムで自転車こぎながら本読んだり
    テレビを見たり、人の話を聴くことが出来ない人間なので
    細切れ時間は細切れ時間です。
    せいぜい、歯を磨く時間に、般若心経を唱えることがあるだけです。
    細切れ時間使える人を尊敬します。
    必ずしも成功してなくても。
    電車の中では酔うので、下を見る動作は全くできません、しません。
    携帯も乗りものの中では、バッグの中。
    電車の中で色々できる人はすごい!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。