美味しいコーヒーが安く飲める!今までのエスプレッソマシーンの対抗馬は何とわずか44ユーロ。しかも Delonghi…!

Bild 2

美味しいコーヒーを飲むなら、ドリップ式のコーヒーメーカーではなくて、エスプレッソマシーンです。

何が違うのかというと、ひいたコーヒー豆の中をお湯が通過するスピードが違います。

一般的なフィルターコーヒーだと、お湯がコーヒー豆をゆっくり通過して出て来ます。

それがエスプレッソマシーンだと、お湯を圧力によって短時間でコーヒー豆に通します。

それがあの「プシュー」 という独特の音です。

そうすると、カフェインや埃などの余分なものが出てこないそうです。

ドリップコーヒーの場合は、お湯がコーヒー豆をゆっくりと通過するので、それらも出てきてしまいます。

実際に味もいいので人気が高く、ドイツでも少しずつ普及しています。

胃腸の弱い人にはその差がはっきりと出ます。

エスプレッソコーヒーの方が、ゴロゴロ(下痢) になりにくいのです。

そのエスプレッソマシーン、普通は300ユーロ以上します。

まだひいていない豆のままのコーヒーを買ってきて入れ、機械の中で自動的に一杯分づつひいてくれます。

通過させるお湯の量を多くすれば、エスプレッソではなくて美味しいコーヒーになります。

それが最近、簡易タイプが出てきているのです。方法は同じなので、味は良し、値段は6分の1以下。

問題はコーヒー豆が、ミニパック方式で一つずつ梱包されていて、割高ではなかろうかという点です。

そこで調べてみました。パックコーヒーだとひとパック30セント位。豆のままのコーヒーだと、1kg入りで13ユーロ位なので、1g 約1,3セント。

30セント分だと約23g。丁度コーヒー1杯分位になりそうです。つまり値段の面でほぼ同じ。

ビジネス用に残る点は、ヘビーユーザー向け、オフィース用に向いているかどうかの点。

パックコーヒーのマシンは小ぶりで水のタンクの量もわずか数杯分です。

そこで結論。家庭用にはこの新しいタイプのパック用のマシーンをひとつ。オフィース用には同じものを2つ。

2つ買ってもまだ、今までのタイプの3分の1のお値段。

さらに2台あるので、数人のお客さんが来た時も、数杯のコーヒーを同時に入れる時のスピードが倍。

高価なマシンは時々故障して、数十ユーロの修理費がかかりますが、パックの方は修理代でもう1台新品が買えてしまいます。

これでまたメーカーにしてやられてしまう…

ひとつのものを長く使うのではなくて、壊れたら取り替えるという考え方…

環境には前者の方がいいですね…

間違いなく言えることは、今までのフィルターコーヒーメーカーがこれから販売減に直面するであろうということ…

germanydestart
ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします! にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

ドイツの生活応援します!

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし
美味しいコーヒーが安く飲める!今までのエスプレッソマシーンの対抗馬は何とわずか44ユーロ。しかも Delonghi…!」への1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。