外国人男性と結婚した日本人女性に願うこと…

大陸間移動が楽になって世界が小さくなり、日本人の国際結婚が増えています。

幸いにも、日本人女性と外国人男性のカップルの方が多いようです。

日本人の男にしてみると、日本人女性は世界に誇れると思うので、ちょっと残念な気持ちも…

もしその組み合わせが逆だと、離婚率が高くなってしまうのではないかと、要らぬ心配をしてみたりします。

日本人女性に対する海外の評価は、古くはハーバート・ジョージ・ポンティングというイギリスの写真家(1870~1935) が次のような言葉を残しています。

「日本の婦人は賢く、強く、自立心があり、しかも優しく、憐れみ深く、親切で、言い換えれば、寛容と優しさと慈悲心を備えた救いの女神そのものである」

「女性としての最高の美徳に溢れている」

一般論ですが、実際に日本人女性と結婚する外国人男性は、いい選択をしたと思います。

私の周りにも、知人友人で10カップルほどいます。

最近は日本人男性も、家事を手伝うようになってきていますが、それでもやはり男が稼ぎ、女が家事をするのが一般的。

こちらではレディーファースト。女性は優しくされ、旦那さんの家事の手伝いは当たり前。

大事にされた上に、家事を手伝ってもらえれば、家庭円満間違いなし。でもそれが逆だったら…

とは言いつつも、逆での成功例が2件、ごく身近で存在します。

ところでそんな日本人女性に願うのが、子供ができたら自分の母語である日本語をしっかりと教えて欲しいことです。

「ドイツで生まれてドイツに住むのだから、まずドイツ語をしっかりと覚えさせなければ」というのは当然のことです。

ましてやお父さんがドイツ人ならそれはなおさらのこと。でもちょっと待ってください。

子供が最も頼るのは、母親の方です。

幼児の頃ならまだ苦労はしませんが、子どもの成長はあっという間です。

勉強や異性のこと、様々な子供の相談ごとを、ドイツ語でちゃんと対応できるでしょうか?

もしそれができないと、いつかは子どもも、お母さんに相談するのが中途半端になってしまいます。

日本のおじいちゃん、おばあちゃんと、日本語でちゃんと会話をできないのも悲しいことですが、そんなことよりも、母親と親子の会話が完璧にできなかったら?

共稼ぎなどで時間が無いかもしれません。家事と仕事の両立で、毎日クタクタかもしれません。

それでもとても大事なこと。何とか日本語を覚えさせてあげてください。

補習校や公文もいいのですが、費用が馬鹿になりません。

毎晩20分でも30分でもいいので、ためになるような日本語の本を一緒に読んだりしてあげてください。

「継続は力」とも、「チリも積もれば山になる」とも言います。

毎日の少しずつの積み重ねが何年間もたまると大変大きなものになります。

言うは易く、成すは難し。その大変さは知っています。うちでも3人の現地校に通う子供たちと格闘の毎日です。

でも何とか頑張れば、子供が社会に出た時にも、2カ国語に堪能だとかなり有利な展開が期待できます。

そしてあなたの人生の終盤、少しぼけてきてしまった時に、大人になってから習得した言語は忘れてしまいます。

もしその時に子どもが日本語をできなかったらどうなるでしょうか…

いずれ世界の盟主となるかも知れぬ日本、国際結婚をする日本人が増えて、その血が世界に散らばることはいいことでもあります…

EK

(海外に暮らす子どもの日本語教育代表のお話をうかがって…)
ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, ドイツ語、日本語, 教育, 日本、日本人について
外国人男性と結婚した日本人女性に願うこと…」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    日本人女性の家事、外での労働時間は世界一とか。
    その上、子供の母国語教育ですか、大変だなあ。
    漢字たけでも相当な数量。

    日本ではハーフの子供がずいぶん活躍してます。
    ドイツ人系はたいていバイリンガルですが、
    米国は、日本語しか話せない金髪、青い目、白い肌や黒人、が増えています。
    英検に落ちた話も聞きます。(-.-)

    日本人女性の多忙さ、勤勉さが、うまく外国でも生きるといいのですがね。

    離婚問題は日本人同士でも難しさは同じです。

    札幌は離婚率日本一を独走してます。
    何故かは、主に男性の所得の低さと、白黒をはっきり決めてしまう女性の短気さが原因だとか。
    親戚付き合いも薄い地方のせいで、仲立ちするような人もいないのです。

    離婚率だけ欧米並みなんて情けない事実です。

    子供の教育も相当な格差があります。
    やはり親の教育はとても大切。
    外国で日本人らしくあれ、というのは難しいけど、漢字だけは、やはり間違うと大変な時もあるから面倒でも教え込まないとだめでしょうねえ。
    ご苦労です。

    中国は日本の漢字の
    倍はあるらしい。
    恐ろしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。