外国人が日本人をどう見ているか... イタリア人編 – アレッサンドロ・ヴァリニャーノと、オルガンチーノ

イタリアカトリック教会司祭だったアレッサンドロ・ヴァリニャーノ(1539~1606) は、日本を訪問した際に、日本のことを本国に下記のように伝えているそうです。

「人々はいずれも色白く、きわめて礼儀正しい。一般庶民や労働者でもその社会では驚嘆すべき礼節をもって上品に育てられ、あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。この点においては、東洋の諸民族のみならず、我々ヨーロッパ人よりも優れている」

「国民は有能で、秀でた理解力を有し、子どもたちは我々の学問や規律を全てよく学びとり、ヨーロッパの子どもたちよりもはるかに容易に、かつ短時間に我々の言葉で読み書きすることを覚える。下層の人々の間にも、我々ヨーロッパ人の間に見受けられる粗暴や無能力ということがなく、一般にみな優れた理解力を有し、上品に育てられ、仕事に熟達している」

「日本管区及びその統括に属する諸事の要録」・「日本巡察記」、「日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのか」黄文雄、徳間書店

確かにこの時代、西洋ではまだ手づかみで食事をしていた頃です。でも日本でははるか昔からお箸を使って食事をしていました。

西洋では階級の上下差が激しく、日本のように、ほぼ誰でも努力して学問を学ぶということがなかったための差です。

もう一人のイタリア人宣教師、オルガンチーノ(1561~1633) はこう言っています。

「…. 彼らを野蛮人とみなしたもう事なかれ。信仰のことはともかくとして、我々は顕著に彼らより劣っているのである。私は国語を解し始めてより、かくも世界的に聡明で明敏な人々はいないと考えるにいたった。ひとたび日本人がキリスト教に従うならば、日本の教会に勝る教会はないであろうと考える…

….この国民は野蛮でないことはご記憶ください。なぜなら、信仰のことは別として、私たちはたがいに賢明に見えるが、彼らと比較すると甚だ野蛮であると思う。私は、真実、毎日、日本人から教えられることを白状する。私には、全世界で、これほど天賦の才能を持つ国民はないと思われる」

外国人から見た日本、日本人のまとめはこちら

EK

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!

↓↓↓    ↓↓↓

 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: 日本、日本人について
外国人が日本人をどう見ているか... イタリア人編 – アレッサンドロ・ヴァリニャーノと、オルガンチーノ」への1件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    300年くらい前の日本ならこういう誉めことばも似合ったでしょうが。
    昔のように教育に対する平等もかなり薄れている感じがあります。
    私立中学に入れる能力はあれど収入面で、諦める母子家庭も多い。今なら私立を殆ど認めていないヨーロッパの方が教育に対する面は進んでいそうです。

    中国が日本に対するイメージも殆ど同じです。
    日本に来たことがある人ほど評価が高いです。

    清潔さ、親切さ、マナーの善さ、大声で怒鳴りあっている人もなく、道路で麻雀してる大人もいない、道を聞いても親切に教えてくれる、等々。
    日本人なら当たり前すぎることなのですがね。
    中国は道端でこどもにうんち、させることすら許されている。また服も股のところが開いている、とか信じられないことがまかり通ってるから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。