身体に良い運動と悪い運動

人間の身体の構造を見れば、何が人間にとって一番良い運動かが一目瞭然です。勿論それは歩く運動です。カンガルーを除けば、人間ほど足腰が発達した動物は他にいません。

人間が今までずっと歩き続けてきたから丈夫な足腰が出来上がったのか、丈夫な足腰があるから歩くのか。鶏が先か、卵が先か…
木にぶら下がり続けたサルと違って、地上を歩き回った結果で足腰が強くなったのではないでしょうか?

三枝龍生という、合気道・整体の先生の書いた、「最後に残るのは身体だけ」という本にも、自転車と比べた歩くことの大事さが書いてあります…

「人間は、歩くことによって、背骨が自動的に整う構造を持っています。例えばプロの競輪選手、ペダルを漕ぐというのは、歩行と全く逆の筋肉の使い方をすることにより、ものの数分も立っているのが辛い競輪選手がいるそうです」

私も以前膝を痛めてジョギングができなくなった(と思った)時に、ジョギングの代わりに水泳を始めました。ドイツのプールは朝6時から始まるので、健康のためにほぼ毎朝泳ぎに行きました。

ところがある日、座っているのにもかかわらず、立ちくらみに襲われました。元々たま〜に立ちくらみに見舞われるのですが、座っているのに立ちくらみは初めてです。

顔は真っ白になり、全身から汗が吹き出し、3時間位横になってやっと治りました。原因追求はどうせ不可能だと思ったので、医者には行きませんでした。

その後ソフトボール大会があり、まぐれ当たりで場外ホームランを打てたのは良いのですが、三塁からホームベースまでの間で、何かおかしいことに気がつきました。

頭が足に出す「走れ」の指示に、足がついてゆけません。5年間の間に、ジョギングを水泳に変えて、足腰を使わなかったことのツケが回ったようです。

水泳では、足腰を使う歩く動作の運動は補えないようです。通勤などで毎日よく歩く人なら別ですが、通勤が車で、しかもオフィースワークの人はくれぐれも注意して下さい。老いは足腰から来ます。

歩く運動によって初めて体が大きく動かされ、筋肉が動き、血液が循環して人間の体が保たれます。

ドイツ人が強くて意外と長生きなのは、人参などの野菜やリンゴなどの果物を生でそのままボリボリ食べて、森を歩く習慣があるからではないでしょうか。
EK

ブログランキングの応援クリック、
宜しくお願いいたします!
↓↓↓         ↓↓↓

  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: スポーツ, Ek, 健康
身体に良い運動と悪い運動」への3件のコメント
  1. 佐藤庸子 より:

    そう思います。
    健康な人は空気中で。
    私は温泉プールが目当てでしたから。温泉効果で
    お毛ピカピカのおまけがあったからプールでした。
    太った人がずいぶんいた。三倍カロリー消耗あるらしいから。
    準備運動せず水泳やっている人には水の中で固まった人もいました。危ないです。
    最近は水泳痴漢もいますし。私は股間に男の頭をぶつけられて、胸をわしづかみにされて、噴火しました。警備員に言いつけて、退場してもらった。被害者続出だったのにみんな黙っていた。
    日本では最近ジムまで、女性専用ができてます。
    あられもない姿を男性に見られたくない、らしい。おばさんでも女ですからねえ。
    私はヨガは中級クラス。
    運動音痴ですが、体は柔らかい。めったに転びません。
    子供の水泳教室はものすごく厳しい。ハナに水走ってわーわー、泣いてもだいたい先生は完全無視です。色々水泳教室は勉強になりました。
    最近はアメリカ式?のリラクゼーション水泳が人気。これは先生に仰向けで揺すられるもの。
    すごく気持ちよくてねてしまった。
    陸上のスポーツは苦手。
    100メートル19秒後半です。話になりません。

  2. netdeduessel より:

    そうですね、浮力がかかるので、スイミング歩きは、空気中ではもう歩くことのできない衰退したお年寄りや、かなりひどい腰痛の人には最適だと思います。

    でもそうではない人にはやはり空気中の方がお勧めです。私たちの先祖たちはずっと空気中を歩いてきたのですから。 スイミング歩きの歴史ってほんの僅かではないでしょうか?

    一生懸命やるかやらないかは人それぞれ(各人に合ったように) ですが、基本的には身体も甘やかせば弱くなります。

  3. 佐藤庸子 より:

    そうですか?
    スイミング歩きは効果てきめんですよ。
    ただし、浮力を利用するため、動作の大きいゆっくりした動きが必要で、最初はインストラクターがやはり必要です。
    ゴルフで腰を壊した人もたくさん来てました。
    私も水泳をした後に立ちくらみしたことがあります。吐いたこともあります。
    一生懸命やりすぎると、
    腹式呼吸ではなく、息を止めがちになるからだと思われます。
    わざとらしいくらい、息をゆっくりふーふーと声を出しながらやるようにとインストラクターから注意受けました。
    水泳は体力を消耗します。
    必ずすこしチョコや栄養ドリンクを摂取してからやらないと体を壊すらしいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。