ドイツで学ぶ 仲良し夫婦になる方法

 

昔昔。。。

あるところに、おじいさんと、おばあさんがおりました

おじいさんは山へ芝刈りに・・・

おばあさんは、川へ洗濯に…

なんていう昔話のはじまり。

こどもに読み聞かせしていると、このフレーズは度々でてきます。

日本では昔から、
それとも 昔は???

おじいさんとおばあさんは歳をとっても足腰が丈夫で
元気で
二人仲良く暮らしていたんだなぁ。。。と思います。

ドイツでは年老いた二人が、手をとりあったり、肩を並べてお散歩しているのを
よく見かけます。

そういった光景を見るたびに…

ほんわかした幸せな気持ちになれるのです。

そういった光景って、側で遊んでいる子供たちにも 絶対に影響しているはず。

ということは

家庭の中でも、夫婦のありかたが、こどもの未来に繋がっていくんだなと感じます。

わたしがドイツ人の彼と、結婚したとき。。。

人生は長く、結婚生活は山あり、谷あり。。。

なんて言葉を大好きな親戚のおじさんから頂きましたが

その時は、夫とはラブラブだったので、

そんなものわたしには関係ないわ。。。
ずっとバラ色の砂糖でできた道が続くなんて思っていましたが
甘かった・・・

今となれば、それが事実だとわかります。

ほんと、若輩者でした。
再び学生になった夫と、
お金がなくて、
福岡から大阪まで夫婦ヒッチハイクして帰ったことも…今となっては懐かしい思い出です。
そういう苦労したエピソードって、あとから思うと宝物みたいな感じ。
あの時にお世話になった皆様の顔は、いまでも覚えています。
感謝・・・

さて、いまも、若輩者に変わりはないのですが、

結婚生活の山も谷も、経験したことは事実です。

それより、谷底に落ちたこともあるわーーーーーい!!!

しかしなんとか、傷だらけで 這い上がってきて。。。

でも、山の頂上にふたりで立って・・・

こどもの成長とかは。。。そういう感じですね。

清々しい風に吹かれながら、遠くまで見渡せる風景を見たときは
嫌なことも、辛いことも忘れさせてくれます。

これからもまた、山も谷も歩いて行くのだろうけど。
自然療法やハーブの勉強をしたお陰で、谷もおもしろいって気が付きました。

なるほどなんて、思ったりします。
さて、わたしがなにをいいたいのかというと。。。

パートナーシップについて。

パートナーというのは、部分。。。という語源からきているそうです。

わたしはあなたの1部分である。

これは聖書による、アダムの助骨からイブが作られたということも関係しているようですが
男女ともに、パートナーという言葉は使います。

わたしは、それでいいと思います。

っていうか、素敵だなぁって。

それを否定するのは悲しい。

あなたの1部分がわたしにあり、わたしの1部分があなたにある・・・

パートナーシップの基本はここですよね。

そこで、重要となるのが、家庭での呼び名だと感じました。。。

これも年輩の方は、難しいのかもしれませんが

オイ とかは、、、悲しすぎる。

昨今、日本では、セックスレスの夫婦とか

こないだの記事のキャバクラとか・・・

はたまた草食系男子とか。。。

わたしの出会ってきた若者にも、結婚に希望を見出せない人もけっこういて。。。
それって、やっぱり悲惨なモデルケースのなかで育っているんだなって思うのです。

外向けの呼び名は、このさい、どうでもいいです。

まず、呼び名ですが。

お母さんっていうのは、どうなのかなってわたしは思うのです。

というのも、こどもの母親にとって『お母さん』っていうのはいいのですが、
夫にとって、妻はお母さんではないはず。。。もちろん、中にはそれを求めている人もいるのかもしれないですが、、、

そんなの、ヨーロッパじゃありえないから!!!

別にヨーロッパがすべて正しいとか、そういうわけではないです。

でも圧倒的多数で、仲良し夫婦が多いのをみると・・・

仲良くないと、離婚ですから。。。
IMG_711201
夫の父母も、いまだにラブラブ・・・。

だからパートナーシップにおいては、ヨーロッパを参考にしたほうが
健全で幸せになれるのではないか?と感じます。

これからの世の中、
グローバル化しているので、いいとこどりをしていくのがいいと思いますよ!

家庭で夫婦が、男女でいられるためには、

夫婦なのに、お互い、お父さん、お母さん って呼ぶのはやめる。

ちょっと照れるかも、だけど。。。

じょじょに変えていく。

まだ結婚してない人、新婚さんであれば。。。

最初の時点・・・

こどもが生まれた時点から 意識して気を付けたほうがいいと思うのです。

もう夫婦生活20年とかになると難しいかな?
でも、あのころを思い出してみて!

ヨーロッパで、男性が妻にむかって
「Mama!]とかいってたら・・・・怖いですよ。

しかし、
いきなり、名前とかで呼ぶと。。。照れるし、
できればしたらいいと思うのですが。

言葉というのは言霊というくらい 力をもっているので、

本当に、いつのまにか。。。夫婦なのに お父さんとお母さんになってしまうのよーーー!!!

と、わたしは感じます。

最初が肝心なのです。

というわけで、パートナーって、いうのはありがたいなぁと感じた秋の日でした。

ちなみに、前回 お話した面白い男女の違いの本です。
黒川伊保子さんという脳科学者のかたが書かれている本。

キレる女、懲りない男 男と女の脳科学
というタイトルです。
黒川さんは、パートナーという呼び名は否定している所から。。。。夫婦うまくいってないのか?と思います。
しかし うまくいかない時期を乗り越えて、老齢になると仲良しになるということも
脳科学的に預言されているので

それは事実だと思いました。

私の両親も、歳をとってからはほんとに仲良しですし、
周りの年輩のご夫婦も、仲良しが多いです。
なんだか男女の愛を越えて、理解できる愛があるのだな。。。と感じます
ドイツの仲良し シニアカップルも素敵だし、
日本の仲睦まじい年輩のカップルも、みていると幸せな気持ちになれます。
そんなふうに平和に歳をとりたいものです。
ドイツはしんしんと寒さが響く秋になってきました。

紅葉した葉っぱが、だんだん散って・・・

ドイツ、日本のみなさまも

温かな冬をお迎えくださいね。

ホメオパスJPHMA 森 明華

お問い合わせ:forestsayaka@gmail.com

自然療法などについての情報はこちら♪

https://www.facebook.com/homeopathyforest

詳しい内容についてのホームページ ♪

http://forestsayaka.wix.com/may1#

ドイツでの生活や手作りの暮らしのブログ♪http://ameblo.jp/stayingforest/

 

参考文献 ホメオパシーバイブル、ホメオパシー インジャパン 薬草辞典、ハーブ辞典、ドイツのハーブの学校の資料などなど。

 

ブログランキングの応援クリック、
宜しくお願いいたします!
↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

 

広告
タグ:
カテゴリー: 趣味習いごと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。