慰安婦問題についに終止符。スケベで乱暴な日本軍人はやっぱりウソ

普段日本のニュースを見ていないので、うかつにもつい最近までこんな大事なことに気がつかなかったのですが、朝日新聞がついに誤報を認めました。

河野談話がいかにいい加減に作られたものであるかということは、すでに発表されていますので、今回の朝日新聞の誤報告知で、慰安婦問題がいかにデタラメであるかということがやっと明らかになりました

とんでもない濡れ衣を着せられてしまっていた私たちのおじいちゃんたちも、これで少しは安心してくれるでしょうか。

いえ、そうは思いません。世界中に広まってしまった、このとんでもないデマを、これから少しでも正していって欲しいと願っていることでしょう。

この問題は、決してこれで終わったわけではなく、その真実を知るのは、関心のある日本人のみです。

関心のない日本人や、世界中の人々には過去の日本軍人はあいかわらずスケベで乱暴者です。そのデマが世界中に浸透しきってしまっているからです。

日本人がほとんど住んでいない代わりに、1万2千人も韓国人が住んでいるアメリカのグレンデール市に建てられた慰安婦像。

今ではそこの市長さえ銅像建設に後悔している(24;13分) とはいえ、これで銅像が自動的に取り壊されるわけではありません。

日系のこどもたちに対するいじめも、今までと変わりません。海外にいる私たちこそが、その真実・無実を広めなくてはならないと思います。

そんなの面倒くさい? 関心がない?

ちょっと待ってください。とんでもないデマで傷つけられて、虐げられている日本人がいるのです。

同胞として、どうか協力をお願いいたします。せめてそういう話題が近くで出た時だけでも、胸を張って真実を伝えるだけで構いません。

心ある日本人、心ある日本人の集まり・組織が頑張っているので、今回のことに関する英文資料も、間違いなくこれから出てくるはずです。

それにしてもこの誤報を流した新聞会社、嘘の証言をした元新聞記者、国家のレベルでいい加減な発言をした政治家たちの罪は重いです。

当時の日本軍人がハレンチで最低の人間であるというデマを国際的に広めた国賊です。

人が人を殺めるという死刑には絶対に反対ですが、無期懲役には匹敵する罪だと思います。しかも恩赦無しです。

そしてそれ以上に残念なのは、その誤報を信じてしまった世界中の人たちです。悲しいことに肝心の日本人の多くさえをも…

同じ日本人としても、世界的に誇れる当時の日本国民がそのようなひどいことをするわけないと信じきっていたからです。

友人に大の日本・日本人ファンのドイツ人がいますが、彼は日本語がペラペラで、奥さんも日本人。

「ドイツ人の友達など欲しくない。日本人の友達だけで十分」と、うそぶいているくらいの日本ファンです。いえ、うそぶくだけではなくて、どうやら本気のようです。

そんな彼でさえ、例えば南京問題について日本人が弁解すると、それはまるで、{ドイツ人が、ナチのユダヤ人迫害はなかった」と言うようなものだと言います...汗。

世界中に広まってしまった慰安婦問題のデマの真実が明らかになりましたが、今度は南京問題の番です。

人口が30万人もいない都市で、どうやって30万人の虐殺が起こるのでしょうか? しかもその後すぐに人口が30万人を超しているのです。

30万人というと、第二次世界大戦の広島と長崎の原爆の被害者数に、さらに東京他の都市の大空襲の被害者を合わせたような数です。

もしそんなことが本当に起こっていたとしたら、どうして今まで騒がれていなかったのでしょうか? 戦争というものは非常事態です。戦勝国が敗戦国に洗脳工作を施しても、何もおかしくありません。

でもそろそろ間違った自虐史観から抜け出すことが必要です。その理由は、日本・日本人がここ何年もの間に自信を失っている影には、このことが大きく関係していると思われるからです。

安部首相も、戦後レジームからの脱却を掲げて頑張っていますが、安部首相や橋下徹さん櫻井よしこさんのような、日本のことを想う、心も骨もある方々が頑張ってくれているので、今後の日本は少しずつ良くなっていくことは間違いありません。

EK

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!

↓↓↓

 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: 日本、日本人について
慰安婦問題についに終止符。スケベで乱暴な日本軍人はやっぱりウソ」への2件のコメント
  1. netdeduessel より:

    稚拙な表現ですみません。仰る通りです。事実関係がはっきりしただけです。そしてそれを一部の日本人が知っただけのレベルです。

    無関心な日本人や、世界の人たちはまだそのことを知りません。海外にいる私たちこそが、その真実・無実の情報を広めなくてはならないと思います。日本に住む日本人にもそれはできると思います。

    積極的に行動を起こさない人でも同胞として、せめてそういう話題が近くで出た時だけでも、胸を張って真実を伝えるだけでも構わないと思います。

  2. 熊坂ゆかり より:

    決着はついてませんよ。(国会、メディア、教科書、テレビ放映)
    全てにおいて「決着」がついたという、報道は皆無です。韓国と日本は
    話し合いのテーブルにすらついてません。
    ネットのみの報道等々は誤りも多く、大学においては
    ネットからの情報収集を厳しく注意するところもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。