原発廃棄物の処理、筋違いの倫理

今 日の記事のきっかけとなったのは、またまたドイツ緑の党の議員の発言。論点は原発の廃棄物。ドイツの法律では、ドイツで出来た原発の廃棄物を外国に「輸 出」してはいけない。どの政権で誰の考えでこんな規定ができたかは分らないが、一つだけ確信している。それは僕の常識には違反している。

ご み、廃棄物も言うまでもなく、普通の商品ではない。普通の商品又は製品と同じ様に目的地では使われない、まあ、埋められるだけだ。但し、その「埋めるサー ビス」を頼む国がそれなりの代金も払うだろう?どこが悪い訳?勿論、どこか訳の分らない国がそのごみを持って、自国の環境や住民に不利になる様な処理法を 遂げたら、困る。

病気になるから短期的に現地が困るが、「輸出」ができなくなるから中期的に輸出国も困る。ところが、人口密度が極端的に低い、直径1000キロどうせ誰もいない地域へのそんな運搬や保管はなぜ駄目なの?Photo 1

ドイツの人口密度は1平方km当たりに226人、日本は336人ということで両国はかなり高い方。それと比べてモンゴル1.8人、オーストラリア2.8人、カナダ3.4人、ロシア8.0人、アメリカ31.6人。ロシアの一部であるシベリアもなんと2.9人しかない。

日本人の読者がピンとくる為に言い換えれば、日本領土の30倍ぐらいの面積には、関東地方を少しだけ上回る3800万 人しか住んでない。北極に進めば進むほど住みたい人はもっとも少なくなって、多分あそこのどこかには相応しい所があるんだろう、きっと。いや、ドイツの左 派又は緑の党はそんなチャンスがあっても大反発するだろう。それはなぜだろう、なぜかしら。

自分の国民が「犯した」廃棄物を自国で処理すべきだというご立 派な考え方から生まれているか?又はそれもまだ戦争責任の反省の一つ?か、やっぱりドイツ嫌いという彼等の根本的な情操がまたばれているのではないか。あ まりにも僕の一般常識と異なっているから、そうだと思うしかないね。

結果的に、シベリア、海の方ではなく、まだ大陸で、直径何百キロ誰も住んでいない地域 なら、ロシア政府からの案があったら僕は検討するだろう。

実は、もう一つ関連の話題があるが、それを言う前に強調しよう。ここ100年で二つの世界大戦を体験してきた国の人としては無論のことでもう二度と自分の国に戦争が起きて欲しくない。ただ、色んな戦いは特に最近また増えた感じがする。世界中あっちこっち戦争や紛争が起きており、中にイスラエル、イラク、ウクライナが一番目立つ。

昔 からあるドイツの法律では、戦争地域、紛争地域や政府が国民を武器の力で抑えようとしている国に兵器を輸出してはいけないことになっている。武器の輸出に はドイツで一々許可が必要であることはまぁ、しょうがないかなぁ。但し、紛争が起きそうな地域にはドイツが輸出を控えても、早速周りに国々、アメリカ、ロ シア、中国、フランスや日本も大歓迎!

「はいどうぞ、馬鹿なドイツ、君達は受け取りたくなかった注文は喜んで承りますよ~。だって自国の経済、納税、国民 の豊かさにも有利に働くもんだからさ」。ドイツだけはそこで引っ込めて、他国にそのビジネスを任せる。僕にはそれは一切分らない。北大西洋機構に参加して いる国々にしか兵器を売らない方針を追及しても、そこからどこに回されるかが分り得ないだろう?

ドイツの兵器輸出金額は特にドイツの左派政党各種に訴えられている。でもじっくり照らしてみれば、ドイツの国民総生産のなんと0.3%ぐらいしか兵器の輸出に占められていないことが分る。0.3%!スズメの涙に過ぎない額。それでも8万人もその産業で働いている!8万とそれぞれの扶養家族はあれで生活を送っている!この事実には左派の奴等は全く目をつぶっているんじゃないか。

正直言って、僕だってああいう様な会社の、特に開発部又はマーケティング部で働きたいとは思わないよ。だって、開発部で働くのにどれだけの冷静な感覚が必要なんだろうかと考えちゃうからさ。「この爆弾をこう改良すれば100人が一気に死ぬ、ただ更にああすれば、150人の命が直ちに絶滅される。

コスト面では150人の奴はやや高くついちゃうけど、一人当たりの費用を考えれば、ここの方が大部お得なので、お勧めしましょう」という様な計画を練れないと駄目のなら、多分途中で反吐が出てやっていられなくなるだろう。

僕 が絶対働けない産業は他にもある。その詳細は別だが、上記の様な懸念を持っていない人、又は肯定的に「働きたい」と思う人は働けばいい。国の首相も国の豊 かさを考えないと駄目。自分が友好国に納めた兵器は後々からどこに密輸されるかがどうせ分らないし。

僕は首相ならそれを全部兼ねて考慮してみた結果とし て、ABC兵器以外の生産や輸出は多分大幅で緩やかに許すと思う。ちょっと残酷に聞こえても、全~部見なくてはいけないから。そうでなければただ単なる気休めになるしかない。言い換えれば、筋違いの倫理だ、それだけ。

ロルちゃん

ブログランキングの応援クリック、宜しくお願いいたします!
↓↓↓      ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: ドイツの暮らし

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。