「的を得た発言」に怒るオバハン   いい分陰気の喫茶店って何さ?

ブログニュースは時間の問題らしい。すぐにアップされる。新聞より早いので、とても助かる。朝日、毎日、日経、と主要ニュースは携帯に入る設定にしているが、何と言ってもその早さは便利なことこの上ない。

興味は余りないが、芸能ニュースも早い。

離婚、結婚、と大々的に報道されても知らない芸能人が多いので滅多に読まない。というよりそのニュースで初めて「ああこの人がこういう名前なの?」と知る始末。

しかし芸能ニュースは素人が書いているのものが多いせいか、新聞記事には滅多にない誤字、誤った引用に、意味不明、解読不明の文章すら出て来るようになった。

この文章のタイトルに引用した分陰気とは一体なんなのか?「雰囲気」(ふんいき)という漢字を出したくて「ふんいんき」と読むことしか出来なくて分陰気となってしまったのか?

ちょっと漢字を見て、「なんか変だなあ」と思うセンスを日本人なら持てよ!と思わずひとり怒鳴る。

そして毎日のように出てくる「的を得た発言」、等の誤った造語。これは弓道から出てきている言葉である。弓道の真ん中、アーチェリーで言えば一番点数の高いあの黒丸を打ち抜く競技、これを射ることから派生した言葉。

的は得るのではなく、日本人ならきちんと射ろよ!とまた一人夜中に怒鳴る。最近は、「的を得る」「的を得る」と言い出す人が猛烈な勢いで増えだしているが今もって市民権得ず、辞書にも誤用ときちんと明記されている。

ドイツでも勿論、スペリングの誤りなどはあるのだろうが、日本語ほど、とんでもないことになってしまうことは比較的少ないと思う。

ちょっと読み返し、辞書を引けば自分が正しい、と思い込んでいた漢字が間違いであったことに毎日のように出くわす。日本語は難しい。

「ネットdeデュッセル」のブロガーの方々は大変教養深く、稚拙な誤りのとても少ないことに改めて最近は感心している。

今、日本に溢れかえる、下らない(と言っては失礼だが)芸能ブログにはうんざりくる。内容というよりその間違いの多さに、だ。

『女優Aと俳優Bは、結婚間近か、なのでは、と噂されているが筆者は、このことに会議的である』
『芸能人も投票所へ行って占拠しよう』  というブログが溢れているのだから。

何を会議するのか?占拠しようとは、テロでも起こすのか?

 会議的は懐疑的、であり占拠が選挙の間違いであることは容易に気づくのだが、結構、これがオバサンには疲れる間違い日本語になってきている。

佐藤 庸子
ブログランキングの応援クリック、 宜しくお願いいたします!
↓↓↓    ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: ドイツ語、日本語, 日本、日本人について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。