オランダの海でサーフィンに挑戦!

SurfinKids in オランダ

デュッセルドルフから車で3時間のところにあるサーフィンのポイントScheveningenに元気な子供達と一緒に行って来ました!
気温24℃、水温15℃と水は冷たかったものの、お天気には恵まれ、とても良い一日となりました。
今回改めて思ったのは、プールでかなり泳げる子でも、いざ海に入ってみるととたんにパニックになってしまうということ。
プールだと600mは泳げ、もぐる、浮くといったことは朝飯前のはずが、海に入った瞬間、鼻をつまむ、口はつぐむ、そして“ゴーグル貸して~”と完全防備。

ボディーサーフィン

ボディサーフィンをやろうにも、鼻をつまんだままでは、、、と結局浅瀬で波と戯れるだけの午前中。そして、水温の低さに萎え、暖をとるために一旦陸に上がって休憩。
浜では楽しみにしていたスイカ割りにチャレンジ。
違うバージョンでやろうと空手チョップ、肘鉄でスイカを割り、食べながらスイカの種飛ばし競争と食事の後は貝殻拾いを楽しみました。

暖をとる子供たち。「ちょーあったかーい!」 ひそかにピースしてます。
袋に入って暖をとる子どもたち♪(笑)
「ちょーあったかーい!」
ひそかにピースしてます。

サーフィンレッスンの時間が近づくにつれて緊張しはじめた子供達。“サーフィンなんて申し込まなきゃよかった…”“サーフィンキャンセルして浅瀬で遊ぼうよ”と懇願する子供達を必死に説得。

なんとかウェットスーツに着替えさせ、なんとかインストラクターさんの元へ。
さぁ、レッスン!!ここは私がしっかりサポートするよ~!とインストラクターさんの説明を日本語に訳そうと必死に聞くが、??? おかしいほどに何言ってるか分からない。
“今なんて言ってるの?”と聞いてくる子供達ちに“さぁ。さっぱりわからないや“と私。
???な顔をしてポカーンとしていた私達にインストラクターさんが気づいてくれて“Do you understand?“ と声をかけてくれた。 あれ? 今のは理解できた。それで初めて気が付く。
ここはオランダだ~。他の子供達が分かるようにオランダ語で説明してたのね。そりゃそうだ。
私の英語力、サーフィン用語が分からない位ひどいのかと凹みそうになりましたが、そうではなかったみたいで良かったです…。
その後は、英語で板の持ち方、乗り位置、立ち位置、パドルの四方、カレントについて、おぼれた時のサインの仕方、周りの子供達との間隔をとって衝突に注意することなど、丁寧に指導してくれました。

そして、ついに入水!
最初はいやいやだった子供達も板に乗った瞬間、大変身です!
ウェットの暖かさと、初めてのチャレンジですぐに板の上に立てるようになったことがすごくうれしかったみたいで、レッスンの90分の間、波にのっては、急いで戻って来てを嬉しそうにずっと繰り返してました。インストラクターの人も感じのすごくいい人で“very nice!!Wow!!”と言って終始、一緒に喜んでくれてました。


レッスンの最後の方は、補助なしで自分ひとりで波に乗りたいと子供達が言い出し、必死に波を見極めようと波待ちする姿をみて、感動でした。

波待ち
波待ちする子どもたち♪
Good Job!!
Good Job!!

レッスンの後も、まだまだ遊び足りない~と言う事でみんなでボディサーフィンをしました。

とても午前中の子供達と同一人物とは思えない!
もう、鼻をつまんだり、コーチにしがみつこうとする子供達の姿はそこにはもうありませんでした。
“ねぇ、波にのるタイミング、教えて!”と、楽しそうに何回も何回もボディーサーフィンにチャレンジする子供達。
たしかに、水には怖い面もあるけれど、それ以上に、楽しい面が沢山あるのです。1人でも多くの子供達にそのことを教えることができたらうれしいです。

ちなみにレッスンが終わった後の子供達のコメントです↓
“今日は得したな笑”
なんだか笑ってしまいました笑

次回開催は8月9日の土曜日です!
またたくさんの子供達に会えるのを楽しみにしています!

水球Kids 林

ブログランキングの応援クリック、

宜しくお願いいたします!
↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。