言いたい欲 1 – 王様の耳はロバの耳(*)

自分が知った珍しいことや、「これはいい!」 とか、「それって違う!」 とか思ったこと、そして言い訳も、どうしても人に聞いてもらいたくなります。

だから、誰かと一緒に話をしている最中に、相手の話が終わる前についついゃべり始めてしまいます。

ある人と話をしていて熱くなり、ついつい口論となってしまいますが、後でその内容をよ~く考えてみると、結局二人とも似たようなことを言っていた、意味していたということも多いんです。

でも口論中はどういう訳かずっと平行線。それはたぶん ”言いたい欲”(王様の耳はロバの耳*) がじゃまをしているからでしょうか。

”言いたい欲” に支配されてしまい、口論に勝って、友やお客さん、上司や仲間の気持ちを失ってしまっていないでしょうか?

言うことも大切ですが、聞くことはそれ以上に大事であることをついつい忘れてしまいます。

言いたい欲求をじっと我慢すると、相手のその欲求をかなえてあげられます。

そうすると、相手が満足してくれて、結局は自分が得をします。

あの人はとてもお話がうまいというような人がいますが、そういう人って実はだいたい聞き上手で、ほとんどしゃべっていないなんていうことがあります。

耳は二つあって、口は一つしかないから、人の身体の作り自体が言うよりも多く聞くようにできていると言う説もあります。

正にその通り!

距離を知るのに音は三次元で聞く必要があるからなんて「ヤボ」なことは言うのはやめましょう(笑)。

もし耳と口が入れ替わって、二つある左右の口が別々に話し出したらゾッとします。

相手がしゃべり終わるまでジッと待つ。

じっと我慢の子で聞く。

ネットdeデュッセルの存在も正にそれ。

始まったきっかけこそは、某サイトの有料化でした。

でもその後は、より多くの情報をひとりでも多くの人に知ってもらいたいという、王様の耳はロバの耳で情報が増えていっています…笑。

* 「多様の耳はロバの耳」を知らない人はいないと思いますが…:

昔、神様からロバの耳にされてしまった王様が、普段はターバンを巻いて隠していました。

でも王様が行く床屋さんはそのことを知っていて、ある時それをどうしても黙っていられずに、人里離れた野原(井戸という説も)に行って穴を掘って(井戸の中に)大声で喋ってしまいました。

そうしたら、あちこちに生えてきた葦が(あちこちの井戸が)それを反響して喋ってみんなの知ることになってしまったという、人は自分が知っていることを他の人に伝えたい欲があるというお話です。

妻帯者の方々、奥さん・ご主人と円満にやっていくにはどうしたら一番良いかご存知でしょうか?

そうなんです、奥さん・ご主人の話をよく聞いてあげることなんです。

いえ、妻帯者とは限らず、人間関係を円満にやっていくのに、それは全ての人にあてはまることだと思います。

私を筆頭に、話を聞かない男には大変に耳が痛いお話しです...

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: その他
言いたい欲 1 – 王様の耳はロバの耳(*)」への1件のコメント
  1. […] いずれにしても、そこには「言いたい欲」が隠れています。 […]

コメントを残す

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
home左
テキスト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。