縦と横ー ワールドサッカー終了

日本のWCが終わった。初戦から負けっぱなしでリーグ最下位で終えた。サッカーファンにはさぞかし無念の残る試合だったと思うが、世界との歴然とした差がこうも大きいのかと、私自身、試合を見て思うこと多く、外国は強い、との一言に尽きた。

ある日本の解説者が試合後、言っていた。日本人は日本人みたいなサッカーをする、と。私はサッカーを知らない、けれどなんとなくそんな印象を持っていた。どういうことなのか表現できなかったが、この解説者の説明を聞いて合点がいった。

日本選手たちは、ボールを受けると「俺が俺が!!・・・」という感じでボールを一人で運ばない。ゴールに向かって行くのではなくゴールの横の人、横の人へとパス回しをするということが非常に多い、と言うのだ。

一方、外国陣の選手達は、ボールを受け取るなり、なるべく一人でゴールへ向かって行く、パターンが多いらしい。ボールをなるべく縦へ運ぶ、端的に言えば、「俺がストライカーになる!」という形。ボールを誰にも渡すもんか、という自我というか、がめつさがある、と解説者。

サッカーは集団スポーツだ。チームワークが物を言うのだろう、と単純に考えていたが、やはり外国の競技、「我」が物をいうのだ。

それを「我」と言わず、「縦と横」という言い方で言い表した解説者の見事さ。すごい。

「和」を重んじる文化ならば、誰も特出した人は出さない。なるべくチームの為、よりゴールに近い横の人にパスを出すのが日本人のやり方。

一方、「俺が!」の国は人がどう思おうと知ったことではない、自分に来たボールは突っ走ってゴールへと運び出す。「俺がストライカーだ!」というわけであろう。

こんな試合にも国民性というのは顕著にでるのだなあ、と解説を聞きながらひたすら感心するのみ。

日本は意気消沈でもう応援する国がない、と肩をがっくり落としているが私には「ドイツ」がある。

ドイツ選手たちには「我」をむき出しにして縦のゴールへと一心不乱に走って、優勝を目指してほしい。

佐藤庸子

ブログランキングの応援クリック、
宜しくお願いいたします!
↓↓↓

 にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: スポーツ, ドイツの暮らし

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。