Freistelungsauftrag(基礎控除枠申請)ってなあに?

Calculating Stock Photo銀行口座を持ったり、Bausparをしたりすると、Freistellungsauftragという用紙があります。

これはいったいなんなのでしょうか?

ドイツでは利子収入に対して25%課税されます。さらにその額の5.5%の連帯税がかかりますので、実際には合計26.375%課税されます。(教会税を払っている方はこれも課税されます。)

しかし、大人も子どももひとりあたり年間801€までの基礎控除がありますので、それを超えた額に関してのみ課税されます。

Bausparや銀行口座が夫婦名義の場合は合計年間1602€の基礎控除 (Freibetrag) があります。

そんなにたくさんの利子はないから私には無縁のことだわ、と思うかもしれませんが、そうではありません。

基礎控除枠を金融機関に申請しないと、801€未満の利子でも先に課税されてしまいます。確定申告をする人は結果的には戻ってくるのですが、いずれにしても各金融機関に控除枠を割り振っておいたほうがいいでしょう。

例えば、銀行の貯蓄口座の利子は多くないので200€を銀行に割り当て、Bausparにはお金がたまっているので600€を割り当てるというようになります。

両親の1602€の基礎控除枠を超えてしまう場合には、子どももひとりあたり801€の枠もありますので、子ども名義での契約をすると有効な場合もあります。ただし、子ども名義の資産を親が使う場合は、贈与税の基礎控除は20.000€ですので、注意が必要です。

基礎控除枠を金融機関や契約ごとにわけるのは、ちょっと面倒臭いですよね。

どこにいくら割り当てたかはメモに残しておくと便利です。

紙に書いてもどこに書いたかわからなくなってしまいますから、パソコンやスマフォのメモ帳に書いておけば後で検索して見つけやすくなります。その際、自分が後でも分かるようなキーワードを多めに入れておくと見つけやすくなりますよ。

私は保存しておくメモは Evernote というアプリに全ていれています。MacでもWindowsでもスマフォでも無料で使えるとっても便利なアプリです。

 

■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

文:DJ-Finanz.de 山片重嘉

■ 無料相談のお問い合わせはこちら
■ その他の情報はホームページ http://dj-finanz.de を御覧ください
Facebookページに「いいね!」で、アップデートをチェック!
■ ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザーのニュースレターにご登録ください!
お役立ち情報を随時配信します。

広告
カテゴリー: 税金・確定申告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。