富田、富岡がTomy ならまだ分かるけど…

多くの日本人の名前は、欧米の人間にとってはとても覚えにくくて厄介なのは分かります。我々にとってもその逆はしかりですから。

私の名前も彼らにとって、やっかいな名前のひとつ。長い上に発音しにくく、名付けた親自身でさえ、わざとゆっくり呼ばない限り、きちんと言えないくらいです。

でもだからと言って、名前のイニシャルが「E」ということで、勝手に「エリック」と名付けられてしまうのには抵抗があります。

エリックという友達はたまたまいますが、その名前自体とは縁もゆかりもありません。親がつけてくれたありがたい名前がちゃんとあります。

長い名前を富田、富岡をTomyのように短く略したりするのなら理解できますが、いきなり他に存在する赤の他人の名前で呼ばれるのはどうも…。

その手をよく使うのは、アメリカ人とイギリス人。他の欧州の人たちは、難しくても覚えようとしてくれます。

イギリス大航海時代、アメリカ大開拓時代の延長でしょうか。英語は世界で1番通じやすいからか、彼らの多くは他の言語を覚えようとしません。

彼らに、呼ばれやすい横文字の、赤の他人の名前を勝手に付けられて、その名前で呼ばれるのは、どうもしっくりときません。

欧米による、やり放題のアジア侵略の時代に、やられ放題側で唯一抵抗をなし得た国の民の1人だからでしょうか…。

そういえば、日本のすぐ近くにある3カ国のビジネスマン、ビジネスウーマン、みんな面白いように欧米の名前が名刺に出ています。

存在する欧米の名前で気に入ったものを適当に選んで付けているようですが、せっかく親のつけてくれた本当の名前は名刺に出てもいません。

親がつけてくれたありがたい名前。何も赤の他人の、しかも欧米の名前などを付けなくても、自分の名前をちょっとひねれば呼びやすくなるニックネームくらいできると思うのですが…。

ganbarenihon

ブログランキングの応援クリック、
宜しくお願いいたします!
↓↓↓        ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ   にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。