ドイツの水道水は、ミネラルウォーター以上の高い水質!しかも旨い!

以前、ドイツの水道水の品質がとても高いことについて書きましたが、その後、偶然にもRheinische Postというデュッセルドルフ周辺の大手新聞で、メアブッシュに水の専門家がいることを知りました。

そこで早速コンタクトを取り、疑問に思っていた下記の3点に関して専門家の意見を聞いてみることにしました。

1.ドイツの水道水は本当に飲料水として適している?

2.ドイツの水道水は消毒に塩素が使われていない?

その代替方法とは一体?

3.ミネラルを多く含んだ硬水(の水道)の方が、軟水(のミネラルウォーター等)よりも身体のために良い?

そしてすぐにお答えがきました…:

ドイツの水道水は、どの町でも飲料に適しています。ドイツには水道水の品質に関する決まりがあり、各水道局はそれをクリアーしなければなりません。それは何とミネラルウォーターの審査の基準よりも厳しいのです。よって水道水が最高水準の飲料水であるというわけです。

ドイツの水道局は、水道水を塩素によって殺菌するということを行わなくなりました。塩素は味も悪く、健康にも良くありません。塩素を使うのは、例外的に雑菌が繁殖してしまったような特別なケースの時のみとなります。塩素を使用しない代替方法は各水道局にゆだねられています。

硬水は、人間の体が必要とするカルシウムやマグネシウム他を多く含むので、普通の人にとっては健康によい水であるといえます。但し、特定の病人にとっては軟水の方が良い場合もあります。硬水の短所は、定期的にカルキ取りをしないと、水を取り扱う機器の故障の元となることです。

-----------------------------

ドイツの水道水は飲料水としてはピカ一のようです。胃腸が弱い人は、硬水で下痢になることもあるようですが、胃腸の弱い私も飲んでいますし、ミネラルウォーターのボトルの中身が無くなると、家族のために(節約のために?) 水道水を詰めなおしていた私は間違っていないようです(笑)。

日本の水道水はまだ塩素で消毒されているようですが、ドイツではどのような代替の方法で行われているのかは、残念ながら今回もまだ分かりませんでした。

ここで述べられている、硬水が合わない特定の病人に関して、インターネットで調べてみたところ、下記が見つかりました。

胆石の最大の原因は、肝臓から送り出された胆汁が胆管で固まり、結石になってしまうことである。その固まる原因としては、コレステロールが挙げられる。コ レステロールは体内の液に溶けにくいため固まってしまうことが多い。

だが、栄養分を吸収し、老廃物を除去するレシチンと胆汁に含まれる胆汁酸がコレステ ロールの含んでいる胆汁を固まらないようにする作用が起き、十二指腸に液体のまま送られる。

しかし、胆汁の中のコレステロールが急上昇すると、レシチンと 胆汁酸とのバランスが悪くなり、胆汁が固体の状態で胆管などの臓器に溜まる。また、朝食を抜いた生活を続けていると、胆汁が胆嚢や胆管に留まり、胆汁は固 まる場合がある。

日本おいては最近、胆石患者が急激に増え始めている。特に高齢者の胆石の所持者が多く、性別で見ると、女性の方が胆石所持の割合が多い。原因として女性ホ ルモンのバランスが崩れることによって、胆石が出来やすいとされている。

また、糖尿病患者や肥満体質の人にも出来やすいとされる。日本は昔から、穀物や野 菜、大豆類を主食としていたため、胆石所持者は少なく、胆石症の人は極少数だった。だが、第二次世界大戦後、胆石患者数が大幅に増えはじめ、無症状胆石の 人も多くなり始めた。

その要因として、肉やパンなどの脂肪分の多い食品を主食とした欧米化が最大の原因と言われている。アメリカでは元々、日本に比べて、 胆石症の患者が多いことで知られている。ほかの原因として、アルコールの大量摂取や疲労によるものもある。

出展: ミネラルウォーター 硬水 胆石

それがどのくらい正しいのかまでは分かりませんが、確かに硬水のカルキで、水を取り扱う機器が故障してしまったり、ヤカンに白い石のようなものがたまるのは、身体に胆石がたまるのを想像させます。

でもミネラルの豊富な水道水を飲んだからといって、身体がそれらのミネラルをどのくらいまで吸収してくれるのかは未知数ですし、それらが本当に胆石の原因になるのかどうかは分かりません。

少なくとも我が家では今後も、私以外はみんなミネラルウォーターのボトルに入った水道水をミネラルウォーターだと思って飲み続けることにしようかと思っていたのですが、もっといいことを思いつきました。

目隠しで味比べをしてみて、もし水道水の方が美味しいということが分かれば、何も自分だけで、しかもみんなに気が付かれないように、空のミネラルウォーターのボトルに水道水を詰め替える必要がなくなると。

そこで早速大人三人、子供三人でテストを行いました。同じ温度にしたミネラルウォーターと、水道水の飲み比べを行ったのです。コップの色が影響しないように、全く同じコップを使い、どちらがミネラルウォーターか水道水かを分からないようにして味見をしてもらいました。

その結果は何と!、大人二人、子供三人までが水道水の方が美味しいという結果が出たのです!皆さんも是非一度やってみてください。ミネラルウォーターの方に使ったのは、硬水にもかかわらずにマイルドで美味しい、Gerolsteinerです。残った大人一人は、どちらが美味しいかは微妙で分からないという結果でした。

ひとつの欠点は、定期的にエスプレッソマシーンなどのカルキ取りを行わなければならないことです…

健康が気になりだしたら? > 健康四原則

EK

右側の方にある、”デュッセルドルフ情報” と、”ドイツ情報”、応援クリックボタンのクリックを宜しくお願いいたします!

K

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 食事
ドイツの水道水は、ミネラルウォーター以上の高い水質!しかも旨い!」への2件のコメント
  1. Trouf-Suzuki Yoko より:

    はじめまして!
    今ドイツの水道水の記事を読ませていただきました。
    ドイツに来てから何回か引越ししましたが、どこに行っても水が美味しく、その度に、ここの水美味しい!っと言ってたのですが、今ハッキリ確かに美味しいんだと分かりました。いつも偶然か、私がドイツ好きなので、かなと思ったりしたんですけど。。。:-)
    フランスにも住んでいたのですが、どこも水余り美味しくありませんでした。同じ硬水ですがフランスでは塩素殺菌をしていますね。ドイツがどのような殺菌方法をしているのか知りませんが、水本来の美味しい味を残していること嬉しいことです。
    あまりに嬉しい記事なので、コメントさせていただきました。

    陽子

    • EK より:

      コメントをありがとうございます。
      日本で売っている、水の塩素反応を調べるキットで、ドイツの水道水を試してみて、一切反応しないので最初びっくりしました。それでいろいろと調べてみたのですが、目隠し飲み比べの結果にも驚きました。胆石などの一部の病気の方や、乳児などを除けば、ミネラルウォーターを買うのがいかに愚かなことだったか…  ピルマーゼンなど、ドイツには水道水が軟水の所もあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。