すでに払ったクレジットの手数料を銀行から取り返そう!

Loanお金を借りたり、車のローンや住宅ローンのある方は、手数料を取り戻しましょう!

3年の時効があり、期限は常に12月31日で、2014年度中なら2011年以降の契約に対して還付請求できるということになります。

しかし、このケースでは3年ではなく10年の時効を適用すべきとの争点もあり、これに関してはまだ判決は出ていません。

3年の時効の場合、期限は常に12月31日で、2014年度中なら2011年以降の契約に対して還付請求できるということになります。

2014年5月13日の連邦裁の判決により、お金を借りたり、ローンを組んだ時に金融機関が徴収する一部の手数料が無効とされました。もちろん、自動車ローンや住宅ローンも含まれます。手数料はおおよそ借入金額の1-4%となっていました。

無効とされた手数料は、借り手の支払い能力を調査するための費用で、これは金融機関側の関心であって、消費者側の関心ではないために違法とされました。

 

お金を取り返す方法

1.まず契約書を確認し、手数料(Bearbeitungsgebühr)の金額を確認します。

2.用紙を使い、金融機関に手数料額+年利4%の返金請求をします。

こちらをクリックして用紙をダウンロードしてください。
用紙に必要事項を記入し、金融機関に提出します。

 

銀行が返金請求に応じない場合

1.金融機関の監督機関である担当のOmbudsmannに連絡を取る。

2.それでも返金されない場合は、弁護士を通して、請求する。

たいていの場合はここまでくれば返金に応じます。あきらめずに頑張ってください!

ーーー
Finanztip.deのこちらの記事を参考にしました。

文:DJ-Finanz.de 山片重嘉

■ 無料相談のお問い合わせはこちら
■ その他の情報はホームページ http://dj-finanz.de を御覧ください
Facebookページに「いいね!」で、アップデートをチェック!
■ ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザーのニュースレターにご登録ください!
お役立ち情報を随時配信します。

広告
タグ:
カテゴリー: お金のヒント全般

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。