世界に広まる日本生まれのスポーツは、武士が戦いで生き残るサバイバルの格闘技ばかり

柔道、剣道、空手、相撲、弓道、合気道、少林寺拳法、長刀鉾、居合道、流鏑馬(やぶさめ)… と、聞くと何を想像するでしょうか?

全て日本生まれのスポーツです。これらをスポーツと言うのかどうかには議論の余地がありますが、日本国外ではスポーツと呼ばれそうな日本生まれの運動は、全て戦いのスポーツ、武道なのです。

ボクシングとかレスリングとかの格闘技的なスポーツもありますが、スポーツの多くは普通ゲームなのに、日本で発生したスポーツは全て格闘技です。

古くは武道十八般と言うそうですが、武士が戦さで生き残るための様々な戦術です。中には古式泳法というものまであって、武士が身にまとう、いかにも重そうなあの鎧兜を着たまま水の中で泳ぎ戦う武道まであります。

様々な武道や茶道、華道、書道など、どんなものでも精神性を高めてその道を究めるようなシステムにしてしまうのが日本の方式です。だから外国人にも受けるのでしょうか。

クールジャパンが静かなブームですが、日本に興味を持つ外国人にそのきっかけを聞くと、若い人たちの答えの多くから、アニメの影響が大きいことが分かります。

でも中にはこれらの武道から日本に興味を持ち始めた人たちもいます。特に柔道や空手などは、今日世界中に普及しています。ドイツでは子供たちが放課後に身体を動かすためのスポーツの選択肢のひとつにまでなっています。

柔道の帯というと、昔は白、茶、黒の3色しかありませんでした。それでは黒帯にたどり着くまでにモチベーションが落ちてしまうからか、その後何色も派手なカラーが増えました。上達度が細かく分かれて知ることができれば確かにモチベーションは上がります。

痩せる時も、体重の減り方が詳しくわかるデジタルの体重計を使った方が、アナログのそれよりも、はるかに効果が出るのと同じです。

武道では礼が重んじられますが、礼というのはなかなか粋な言葉で、それにピッタリな単語は英語にもドイツ語にも見当たりません。

ウィキペディアで調べてみると、孔子(儒教)が紹介されています。勝っても負けても礼に始まって礼で終わる日本の武道に外国人が興味を持ってくれるのにはついつい嬉しくなります。

鎖国をやめてもう150年もたつのに、良くも悪しくもガラパゴス的な面を持つ日本は、最近中国と韓国の陰に隠れて衰退してしまったかのようですが、2020年の東京オリンピックが決まりました。

エルトゥールル号やイラク戦争で特別な関係を持つトルコに肩を持たせて、イスタンブールオリンピックを成立させて応援に回った方が良かったんじゃないか?という意見もあります。でも起こったことは全て善と言います。

柔道も今日ではもう柔道ではなく、スポーツのJudoになっていて、日本人の勝ち目は少ないようですが、東京オリンピックは何とか成功させて、やる気をなくしている今日の日本の若者たちの士気を上げることに一役買って欲しいと心から願います。

EK

右側の方にある、”デュッセルドルフ情報” と、”ドイツ情報”、応援クリックボタンのクリックを宜しくお願いいたします!

K

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: スポーツ, ドイツと日本の違い

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。