デュッセルドルフに日本人が多い理由には100年以上の歴史があった…

デュッセルドルフ市には、市の人口の約1%の日本人が住んでいます。デュッセルドルフの人口が50数万人で、日本人が5,6千人です。

なぜそんなに多くの日本人がデュッセルドルフに集まっているのか、昔からその理由が知りたいと思っていました。

多いとは言っても、最も多い外国人のランキングリストで7番目か8番目くらいなので、他にもっと多い外国人はまだまだいます。

一番多いのは、戦争などの関係もあってトルコ人。約17%いる外国人の内、10%位までトルコ人が占めています。続くはイタリア人、ポーランド人、ギリシャ人、クロアチア人、セルビア人、ロシア人などのドイツの周り、東南側の国々の人たち

どうして日本人がそんなに多いのかを市に聞いてみたところ、経済振興の部署、日本課でも分からず、市の歴史資料室にてやっとその理由が分かりました。その歴史は何と1800年代にまでさかのぼります。

1859年(あの秋山好古の生まれた年) の7月1日に、デュッセルドルフのビジネスマン(後に在日副領事)であるLouis Knifflerという人が、出島に初のドイツの商社を設立し、その後日本とドイツの間に友好・商交契約を結びました。

出島といえば、日本が鎖国をしていたあの時代に、唯一欧米人に対してアクセスの許された場所です。時は鎖国の末期です。

公式の記録によると、デュッセルドルフで初の日本人の滞在は、1862年、38人の幕府の使者だったそうです。1904年には文化・庭園際で日本庭園と茶道が紹介され、日本人の住民登録第1号は1904年だそうです。

でもその後第二次世界大戦前に、日本人はベルリンとハンブルグに集まったそうです。それはやはり港へのアクセスの関係だと思われます。

そして大戦後、復興に向けた日本の鋼材・建材の需要のために、日本の教科書にも出てくるくらい有名なルール工業地帯がその供給元として浮かび上がりました。

デュッセルドルフはルール工業地帯へのアクセスポイントの都市として選ばれ、1951年に日本人のビジネスマンの第1号が出現し、1952年には3者となり、1955年には三菱系列の会社が法人として登記しました。

三菱の正式な登記は、日系企業としての第1号だったそうです。そしてその後少しずつ日系の企業が増えて、デュッセルドルフは、「ルール工業地帯の仕事机」として発展していったそうです。

1962年にはJETROが設立され、1960年代に日本人の数は千人にまで増えたそうです。1963年には岸首相と大きく関係する最初の和食レストラン「日本館」がオープンしました(現在は閉店消滅)。

1964年に日本人クラブ、1965年に総領事館、1966年に日本商工会議所、1971年に日本人学校、1974年に(欧州で最初の)日本書籍店が次々と誕生しました。

このようにしてデュッセルドルフはドイツで一番多くの日本人が集まる町となったそうです。

出展: 市の歴史資料室(Stadtarchive) および

市の資料、デュッセルドルフと日本友好関係の歴史より

EK

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: ドイツの暮らし, 日本、日本人について

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。