雑草のように逞しく生きるこどもに。

 

IMG_2701

 

日本ではこどもが自殺するということが、おこっています。

 

黒柳徹子さんの活動紹介の記事です。

 

私が会った子どもたちは、みんな可愛かった。

 

笑っている子ども、ふざけている子ども、
赤ちゃんを、おんぶした女の子、
… さかだちを自慢そうに見せてくれた男の子、
いっしょにうたった子ども、
どこまでも、ついてきた子ども。

 

いろんな子どもたちに、会った。

 

そして両親や姉兄を目の前で殺された子ども、
ゲリラに腕や足を切り取られた子ども、
親が蒸発し、小さい弟や妹を残された女の子、
親友だった家畜が、飢えて死んでしまいぼう然としていた男の子、
家も学校も、すべて破壊されてしまった子ども、
難民キャンプを、たらいまわしにされている孤児たち、
家族を養うために売春する子ども。

 

だけど、だけど、
そんな、ひどい状況のなかで、
自殺をした子どもは、一人もいない、と聞いた。

 

希望も何もない難民キャンプでも
一人も、いない、と。

 

私は、ほうぼうで聞いて歩いた。
「自殺をした子は、いませんか?」
「一人も、いないのです」
私は、骨が見えるくらい痩せて骸骨のようになりながらも、
一生懸命に歩いている子を見ながら
一人で泣いた。

 

「日本では、子どもが、自殺してるんです。」
大きい声で叫びたかった。

 

こんな悲しいことが、あるでしょうか。

 

豊かさとは、なんなの?
私がいろんな子どもに会って
日本の子どもに伝えたかったこと。

 

それは、もし、この本の中に出てきた発展途上国の子どもたちを、
「可哀想」と思うなら、
「助けてあげたい」と思うなら、いま、あなたの隣にいる友達と
「いっしょにやっていこうよ」と話して。

 

「みんなで、いっしょに生きていこう」と、手をつないで
私の小学校、トットちゃんの学校には
体の不自由な子が何人もいた。

 

私のいちばんの仲良しは
ポリオ(小児マヒ)の男の子だった。

 

校長先生は、一度もそういう子どもたちを
「助けてあげなさい」とか「手をかしてあげなさい。」とか、
いわなかった。

 

いつも、いったことは、
「みんないっしょだよ。いっしょにやるんだよ」
それだけだった。

 

だから私たちは、なんでもいっしょにやった。
誰だって友だちがほしい。
肩を組んでいっしょに笑いたい。
飢えてる子どもだって、
日本の子どもと友だちになりたい、と思ってるんですから。

 

これが、みなさんに、私が伝えたかったことです。

 

黒柳徹子 (トットちゃんとトットちゃんたち)

 

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 

震災から2年。

 

あなたは知っていましたか?

 

バングラデシュの小さな村で、
多くの人が1日たった200円の収入の中からその半分を日本のために寄付していたことを。

 

“日本のために何かしたいけれど、
私たちは貧しいから大きな力にはなれなくてごめんなさい
“そう言ってくれる人たちがそこにいたことを。

 

・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 

悲しみと苦痛は、

 

やがて「人のために尽くす心」という美しい花を咲かせる土壌だと考えましょう。
~ヘレン・ケラー~

 

抜粋 終わり

わたしも小学校のとき、仲良しだった女の子は、1才の下のポリオの子でした。

 

その子を『障害者」としてみたことはなかったです。

 

いつも遊んで、仲良しで、彼女はとっても心がキレイでした。

 

でも中学校に入ったとき、みんながその子を苛めているのをみたとき、

 

自分の中で(障害者なんだ)という認識が生まれて、自然と距離ができました。

 

「前はもっと遊んでくれたのに、なんで最近は遊ばないの?」

黒いキラキラ光る瞳で

 

まっすぐに言われた時に、同級生の他の子がニヤニヤしているのをみて・・・

 

恥ずかしい。。。と思ってしまった自分が、後からすごく恥ずかしくなりました。

日本のみんな一緒。みんなで 差別もする。。。。

今、考えると・・・わたしは社会の渦の中に、巻き込まれてしまったのだなと思います。

でも 美しい日本の みんな一緒に助け合う。

そういう心もあります。

デュッセルドルフでは、そんな日本の良さがあるなぁと感じます。

わたしだけでなく、多くの人がそういっておられます。

小学校の時に、仲良しだった男の子は ふたり自殺しました。

 

ふたりに共通しているのは、優しくて、すごく繊細で、いつも人のことを考え思いやりのある子達だったことです。

日本は、そんな心のきれいな人が、生きにくい場所になっているのです。

 

ドイツも自殺が多い国です。

こどもたちには、社会の渦に巻き込まれない価値観と、自信を与えてあげたいですね。

 

それを伝えて生きていきたいです。

雑草のようにたくましく!

 

雑草と言えば。。。。自然療法をしている人間にとっては薬草です。

・・ドイツは薬草天国。

実はそのあたりに生えている雑草、日本では特別なハーブとして販売されています。

薬草か、雑草か・・・・それを決めるのは、ひとりひとりの認識によって異なります。

人間の価値だって・・・・知らない人には雑草でも、

知っている人からしたら・・・・薬草。

常識だって、社会の概念だって。。。100年すれば、変わります。

さて、雑草のようにたくましく生きていきましょう。

 

そして雑草から、雑草や薬草のことも学んでみませんか?

日本ホメオパシーセンター デュッセルドルフ

ホメオパスJPHMA 森 明華

お問い合わせ:forestsayaka@gmail.com

自然療法などについての情報はこちら♪

https://www.facebook.com/homeopathyforest

詳しい内容についてのホームページ ♪

http://forestsayaka.wix.com/may1#

ドイツでの生活や手作りの暮らしのブログ♪http://ameblo.jp/stayingforest/

タグ:
カテゴリー: ドイツ、ドイツ人について, 文化
雑草のように逞しく生きるこどもに。」への1件のコメント
  1. yamakata より:

    野菜より雑草の方が栄養価が高かったりするそうですね。
    雑草の生命力を考えると当然かもしれません。
    野菜は品種改良?によってどんどん栄養価が下がっていると聞きました。
    野菜ではなく畑菜(野のもの、野生のものではなく畑で人為的に生産されているという意味合いが込められた言葉)と言う方もいらっしゃるくらいで。
    タンポポの栄養価は非常に高いそうですね。アポテケでタンポポ茶を見かけました。
    むしってサラダに入れて食べるとよいとか。苦いですが。

    子供も雑草のようにたくましく育ってほしいですね。
    苛めは古今東西を問わず消えることのない人間の醜い習性なのかもしれませんが、
    本当にこの世からなくなって欲しいものです。

    赤ちゃん~少なくとも幼稚園の年少さんくらいまでは苛めなど存在しないと思うのですが・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。