あっ、エンストだ!道の真ん中で車が動かない!どうしよう…

3年前に、3年落ちで買った自慢の真っ白いVW Touran Cross。ひとつ気になるのが、エンジンをかける時のセル(エンジンを始動させる電動モーター)の音がちょっと変なこと。

あれから3年、エンジンをスタートさせる時の音がおかしいので、インスペクション(定期整備) のたびにそれを言うと、バッテリーが充電不十分を決めつけられて充電して終わり。

その原因はバッテリーではなくて、ダイナモとか、何か他にあるような気がするものの、ディーラーのメカニックには原因がつかめず。

最近の車は電子化が進んで、修理に持っていったらコンピューターにつなぎ、それで原因を追究するだけ。昔のように、職人さん(メカニック)がメカを睨んで、”ここが怪しい…” というような直し方は無くなり、その場で症状が出ていないとお手上げ…

最近のインスペクションではついに新品のバッテリーを搭載。そんな矢先にDB(ドイツ鉄道)の踏み切りで停車して、エンジンを止めて電車をやり過ごし(詳しくはこちら、No.4)、再びエンジンをかけようとすると、セル・スターターがウンともスンともいいません…汗。

ま、まずい、… こんなところでエンストしたらすぐに渋滞を作ってしまう。でもどうにもならない…

こんな時はどうしたらいいでしょうか?

ADAC という、日本のJAFのような組織でメンバーになっていれば、そこのサービスを受けることができます。

でも、そのメンバーになっていなくても、VW(フォルク スワーゲン) で車を購入し、インスペクション(定期整備) さえ正規のディーラーさんで毎回受けてさえいれば、メーカーのサービスとして、レッカー車代と、3日間までの代車となるレンタカーのサービスをメーカからの無料サービスとして受けられます。

その時に必要な手順は下記の通りです。

A). まず、下記の情報を準備します。

1  Fahrzeugschein(ファーツォイクシャイン・自動車登録証)に明記してある

Fahrgestell Nr.(車の製造番号)。最近のタイプでは、中央部の上から

3行目に明記されています。

2  Erste Zulassung (新車当時の登録年月日)

Fahrzeugschein SS3 車のナンバー

4 車のモデル名

5 その車がオートマ(Automatik・オートマーティック)か、

マニュアル(Manual・マニュアル)かの情報

6 走行距離

B) VW のホットライン、Tel.: 0800-89737-8423 に電話をします。

C) Pannenhilfe(エンストサービス部署) を求めます。(ドイツ語では、Pannenhilfe Bitte!・パネンヒルフェ ビッテ!)

D) 聞かれる通りに、用意したA)の情報を伝えます。

E) 最寄の正規ディーラーのレッカー車がすぐに来てくれます。

F) 故障がその日中に直らない場合、そのディーラーで申し出ると

3日間までメーカー持ちの無料レンタカーを用意してくれます。

EK

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: , ,
カテゴリー: 移動交通,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。