水筒で甘酒を作る方法。

先日は麴のセミナーに行ってきました。

その前から、どうしても甘酒が作りかたかったのですが・・・・

炊飯器は壊れてないし、

「よし!」

水筒で作ることにしました。

用意するものは ・水筒  保温キープできるもの。

・もち米か米 ・温度計 ・お湯

です。

だいたい65度くらいがいいそうです。 わたしの作った方法は もち米を炊く 小さいお茶碗 ご飯1杯分くらい そこに目分量で同量の麴(適当)をまぜておく。

さめた米と麴に、お湯をかける・・・・と、大体65度くらいです。

二回ほど試してみましたが、だいたい同じ温度なので、 温度計もいらないと思います。 もし炊きたてのごはんだったら、すこし水を足せばいいと思います。 熱すぎないように。

その後、水筒にいれて 水筒の蓋をゆるめにして バスタオルでてきとーにくるんで 邪魔にならない場所においておきます。

9時間後くらいに、麴がお米をたべて、ブドウ糖をだし・・・・ 甘いまろやかな甘酒ができます。

これをお鍋で、もう一度、あたためて、しょうがなどいれて・・・いただきます。 おいしかった!!

なので、写真がありません。

甘酒は『飲む点滴』と呼ばれていて、ミネラルや様々な栄養素がたっぷりだそうです。 スムージーもいいけど、甘酒もいいですね。。。

玄米の甘酒もできるし、麴やのおかみいわく、炭水化物だったらなんでもできるので、 コーンの粉とか、小麦粉でも甘酒を作ったといわれていました。

甘酒は江戸時代には夏に飲まれていましたし、 季語は夏なんだそう!!

今日はBIOショップで米を買ってきました。 ふつうの玄米と、インドの香り米です。

まずはふつうの玄米からつくってみたいと思います。

甘酒・・・大好きなので、本当に嬉しいです。 ミネラルもいっぱいだし、

ホメオパシーの生命組織塩とともにとってもいいかもしれませんね。

ここで注意が。。。。以前も、水筒で甘酒作りに挑戦して失敗したことがあります。 それは、水筒がきちんと保温をキープできないものはダメです。

高いスイス製のやつだったのですが、5時間くらいたつと、ぬるくなってしまうものだと、ダメでした。ほんと・・・高ければいいというわけではないらしい。

麴菌は、35度くらいになると、乳酸菌にかわるそうです。

それは、それで・・・韓国にある『ライスドリンク』みたくなって、

まぁ、飲めないこともなかったのですが。 (甘酒じゃないし。。。)

今回は、日本から持ってきたタイガーの水筒・・・・何時間たっても、熱々のものを使いました。

IKEAでも高い保温がキープできるものが安価で手に入るようです。

今度はそれで作ってみる予定。(どうぜ、水筒がもう一個いるので)

みなさまも、寒い冬・。。。。そして暑い夏も 甘酒で。

失敗した甘酒は、大根やにんじんをつけておけば、べったら漬けにできるそうですよ。

これもいいアイディアですね。

麹は生きているので、捨てるのはもったいないですよね。

と甘酒をミキサーで、がーっとまわすと、とろんとした甘酒にもなるそうです。

味噌、塩麴。。。甘酒。。。。 サーモンの刺身・・・

これで・・・あとは日本の風呂さえ、あれば。。。。ドイツでも暮らしていけるっ!!!

感謝です。

ホメオパスJPHMA 森 明華(さやか)

自然の知恵をいかしたドイツの自然療法ホメオパシーのレッスンをしています。

お気軽に、どうぞ!

日本ホメオパシーセンター デュッセルドルフ

ホメオパスJPHMA 森 明華

お問い合わせ:forestsayaka@gmail.com

自然療法などについての情報はこちら♪

https://www.facebook.com/homeopathyforest

詳しい内容についてのホームページ ♪

http://forestsayaka.wix.com/may1#

ドイツでの生活や手作りの暮らしのブログ♪http://ameblo.jp/stayingforest/

広告
タグ:
カテゴリー: 自然療法 ホメオパシー, 健康, 子育て

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。