最新の生傷の治し方。

IMG_1734

とくに男子。

どこかで生傷を作って帰ってきます。

昔はバンドエードで・・・でしたが。。。

最近は違います。

(とはいうものの中世の傷の処置の記録にも

こういう方法があるそうですが↓ ラップはないけど、油紙というもの」)

まずは…

水でよく患部を洗う!!!

乾かさないように サランラップで患部を覆う

小さいキズなら絆創膏のガーゼ部分に

適当なサイズのサランラップを当てます!

ケガした患部に滲み出てくる
湿潤液には

“細胞成長因子”が含まれています。

これを 吸いとらない!ということがポイント。

簡単です。

あっと言う間に治りますので、試してみてくださいね。

生傷だけでなく、やけどにもいいそうです。

森 明華(さやか)ホメオパスJPHMA

https://www.facebook.com/homeopathyforest

http://forestsayaka.wix.com/may1#

ブログ:http://ameblo.jp/stayingforest/

広告
タグ:
カテゴリー: 健康, 医療

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。