何と不思議、風邪をひかなくなってしまった!

キャベツの驚くべき効果を既に何度もお知らせしました(下痢が治る、 唇、ささくれのカサカサが治って皮膚が強くなる、 花粉症が治る)が、今回はその最後、極めつけの一発です。

以前は1年に1度くらい、風邪を引いたり引かなかったりでした。風邪で医者にかかることはないのでどうということはなかったのですが、キャベツを食べ始めてからの四年間というもの風邪知らずになったのです。

下痢が治り、花粉症が治り、皮膚が強くなったように、身体の内側の粘膜も病原菌に対して強くなったのか… それに加えてキャベツの素晴らしい整腸効果で免疫力が上がったのか…

キャベツを食べ続けるだけで身体にこれだけの変化が起こることが自分の身体をもって証明できたことで、マクロビオティクスの人たちや食養の人たちがいうように、食事でかなりのことができるのは間違いないと思います。

癌さえも治してしまうと思います。内視鏡の医師によると、ベジタリアンやマクロビの人たちの腸の中は、それはそれはきれいなピンク色で、”スベスベ”、”ツルツル” しているそうですが、肉食の人のそれは不健康そうな色でただれていたりして、いつどこにポリープが出現してもおかしくない状態だそうです。

人間の歯はどちらかというと牛や馬に似て臼歯が多く、トラやライオンのような肉食動物のとがった歯ばかりの構成とは明らかに違います。マクロビの人たちによると、その歯の構成に合わせて食事をとるといいといわれます。

確かに人間の身体の進化の結果として今の歯の構成、歯並びができたはずなので、それが何を食べ続けてきたか、その結果としてどういう身体になったか、よって何を食べるべきかを示してくれているのではないでしょうか。

西洋人は日本人より2、3割ほど腸が短いそうです。肉は野菜より消化に悪いことは、時々田舎の道に落ちている馬糞を思い出せば分かると思います。あれがもし人糞だったら鼻がひん曲がってしまうでしょう。

進化とは、身体が環境に合わせるようですから、消化の悪いその肉を多く食べる西洋人の腸は、進化の結果として縮まったのではないかという説がありますが、うなずけると思います。

騙されたと思って、是非一度キャベツを毎日食べて試してみてください。知人の一人は、何とか花粉症を治したいと思って騙された気になって試し、花粉症が100%治ってしまいました。(私は70~80%)

EK

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

何と不思議、風邪をひかなくなってしまった!」への1件のフィードバック

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。