デュッセルドルフのケーニッヒスアレーはナポレオンが作ったというのはホント?

有名ブランドの店が立ち並び(ケー)の名称で親しまれているKönigsalleは、実はナポレオンが作った「通り」です。Koe

ナポレオンがヨーロッパを支配していた1811年の当時、その支配下にあったドイツにて彼は建築家のAdolph von Vagedesという人に、今日のデュッセルドルフでシャンゼリーゼとも呼ばれる高級ブティック街のKönigsalleの建設を委託しました。

実は当初の「通り」の名称はKastanienalleeでしたが、18488年にプロイセンの王、フリードリッヒヴィルヘルム4世がデュッセルドルフを訪れた時に、市民から侮辱されたり馬糞を投げつけられました。

それを、なだめるかのように謝罪の意を表し、当時の暫定的な市議会であった市当局が、1851年にNapo

現在のKönigsalleに「通り」の名称を変更しました。

ちなみにナポレオンは1810年に、皇后ジョゼフィーヌが子供を産めないという理由で別れ、オーストリア皇女であるマリ・ルイーズと再婚しました。そしてKönigsalleの建設を委託した年と同じ1811年に王子ナポレオン2世が生まれ、その乳児をローマ王の地位に就けました。

この文章はデュッセルドルフ市の協力を得ています。EK

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。