今ならまだ間に合います! 次の春までに花粉症を治す方法

ドイツの冬は、日が短くて暗い、どんよりした日が長く続きます。

それが終わって春になると、天気も良くなって温かく、誰にとっても普通は嬉しいはずです。

でも、花粉症持ちにとっては大変辛い時期です。

私も4年前までは重症の花粉症に悩まされていました。ステロイド系の薬に頼らないと仕事どころではありません。

くしゃみは止まらず、鼻の周りがムズムズし、とにかく何も手に付かないのです。

Kafun

思い出してみれば、中学生の頃から花粉症に悩まされ、ドイツに来てからは特にひどくなりました。

医学の発達のお陰、コルチゾン(ステロイド系)の注射一本で1ヶ月は大丈夫。

でも身体には良くないので、その注射だけはやめろと医者でも言います。

「試しにこれを使ってみなさい。」と、渡されたのが鼻のスプレー。注射でやっと治るものが、鼻のスプレーなんかで治るわけがない。

しかし医者がやめろと言うものを続けるわけにもいかず、試してみるとこれが意外と効きました。

何のことはありません。その鼻のスプレーにもコルチゾン(ステロイド)が僅かに入っているということを後で知りました。

ステロイドがどんなに危険かは、一度インターネットで、「ステロイド」、「危険性」 で調べてみてください。納得がいくと思います。

その最悪の花粉症から、ある自然の特効薬で7割~8割も花粉症の苦しさから解放されました。そのお陰で今は花粉がひどく飛ぶ日に、ちょっとだけくしゃみと鼻水に煩わされるだけになりました。

その自然の特効薬とはキャベツなんです。なぜキャベツがこんなに花粉症に効くのか?

それは既に詳しく書いたので、是非こちらをご覧下さい

今ならまだ間に合う理由は、人間の身体の全細胞は、3ヶ月ほどで一巡するらしいので、今からなら体質改善に間に合うと思うからです。

恐ろしい化学系の薬に頼らずに、花粉症の苦しみから抜け出して下さい。

EK(キャベツ3)

広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ: ,
カテゴリー: 健康, 医療と健康
今ならまだ間に合います! 次の春までに花粉症を治す方法」への1件のコメント
  1. […] 私の場合はもう安心。昔はかなり重症の花粉症だったのですが、ある方法で今は70~80%は治りました。中には同じ方法で100%治ってしまった人もいます。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。