日本の年金の受給額2-3割減!ドイツ在住者は国民年金払うべき?

NB 年金どこまで減る?日経ビジネス(2013年12月9日発行)に「年金はどこまで減るか?」という特集が組まれました。 

国民年金は40年収めると、年間80万円貰えることになっていますが、この数字はさらなる少子高齢化の進行を計算に入れていません。

日経ビジネスの特集では、ざっくり2-3割減になるとか。

ドイツ在住の場合、国民年金の支払義務はありません。
支払いを継続するには任意加入することになります。

任意加入して続けるかどうかを検討するためのポイントをあげてみます。

1.国に収めた年金は個人資産ではないので、国の裁量により受給額が減額されたり、保険料が上がられたりすることがありあます。

2.国民年金の遺族年金は18才までの子供のある配偶者に限られます。もし、自分が死んだ時に、子供が成人していれば、配偶者に受給権はありません。(国の年金は相互互助システムですので、もちろん社会に還元されます。)個人年金であれば、遺族にも受給権があります。

3.日本で今まで納めた分は老後にドイツにいても受給できます。ドイツ滞在期間も全てカラ期間として合算されます。また受給資格は今までの25年間の支払が10年に短縮されますので、ドイツ滞在中のカラ期間を足せば、ほとんどの場合受給資格は得られるかと思います。

4.日本で払っている国民年金はドイツで所得税控除を受けるには書類の翻訳等余計な手間や費用がかかる場合があります。ドイツで企業年金やリュルップ年金など所得税控除できるものを選ぶことができます。控除額は収入によっては3割以上にもなります。ドイツの企業年金では、受給者の死亡時でも全額遺族に払い戻されます。リュルップ年金では受給者の死亡時には配偶者には受給権がありますが、成人した子どもは受給することができません。

5.老後にドイツをベースに暮らす場合には、円での年金を増やすと、為替相場によって受給額が左右される割合が多くなることになります。

6.上記とは逆説的ですが、通過を分散して積み立てることで通貨リスクを分散できるとかんがえることもできます。老後も相場のいい時に換金することができるのであれば、為替相場の変動をメリットに変えることもできます。

7.国民年金は現在40%の人が未納である。ただでさえ、少子高齢化で受給額が減少すると言われているのに、さらに未納が40%というのが現状です。今後はどうなるのでしょうか?増税、毎月保険料の増加、受給額の減少などの痛みを伴う変更はいずれ必要になるかもしれません。

8.  日本国外に移転中は国民年金の被保険者ではなく、義務加入ではないので、任意加入していない場合は障害基礎年金がおりません。国民年金保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。) が被保険者期間の3分の2以上ある者の障害の場合は障害基礎年金が支給されます。1級障害基礎年金は2013年度価格では毎月約8万円。(日本年金機構・障害基礎年金のページを参照

またドイツに長期滞在する場合には、社会保障費を5年以上収めるとドイツの法定年金からの障害年金受給額は年々増えていきます。また個人で加入する障害年金保険も所得税控除することができます。そして、ドイツの事故保険の障害年金(病気は適用されない)でしたら低額での加入ができます。

9.  任意加入していない期間分、当然ながら年金受給額はその分減額されます。

ーーー

以上任意加入されるかどうかを決める際には参考になればと思います。

またドイツで個人年金に加入すると実際にどのくらい税金が還付されるか、障害年金に相応する保険にはどのようなものがあるかをお知りになりたい方はお問い合わせください

■ ↓ この記事が役にたったという場合は応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

文:DJ-Finanz.de 山片重嘉

■ 無料相談のお問い合わせはこちら
■ その他の情報はホームページ http://dj-finanz.de を御覧ください
Facebookページに「いいね!」で、アップデートをチェック!
■ ドイツの認定ファイナンシャルアドバイザーのニュースレターにご登録ください!
お役立ち情報を随時配信します。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。