足で踏むマッサージをご存知ですか?

マッサージといえば、指圧や按摩、オイルマッサージ・タイ式などが一般的によく知られていると思います。

これらはいずれもほとんど手(指や掌、前腕部も含む)を使って行われるマッサージですが、タイマッサージなどの一部には足を使って圧を加えてほぐすという技法もあります。

また、足だけを使って行うマッサージの方法も実は古くからあり、発祥はインドとも中国とも言われています。

中国や香港、台湾で実際に「マッサージする人が天井の棒に捉まってお客さんの上に乗り、踏んで体をほぐす」というマッサージを受けられたことがある方もいらっしゃるかもしれません。私はこれをTVか映画の中で見たことがあります。見たときの個人的な感想は、すごく小柄な方にやってもらうのは良いのでしょうが、もし全体重をかけられたら苦しいどころか、骨折しそうで、自分と同等、もしくはそれ以上の方にやっていただくのは怖くて無理…と思いました(苦笑)

実は、日本でも足でマッサージするという「フーレセラピー」という技術があります。マッサージする人が受ける人の側に立ち、片足で立ってもう片方の足で適度な圧とリズムで全身を満遍なくほぐしていきます。両足で乗ってしまうのではなく、片足を受け手の体のそばに置くことで、加圧の調整を取りやすくしています。

今日はこの「フーレセラピー」について、少し書かせていただきたいと思います。

フーレはフランス語で「足で踏む」というような意味、「セラピー」はギリシャ語由来の英語で「(薬や外科手術を用いない)治療」「物理療法」という意味があり、異なる言語の造語ですが、もともとは先述の中国の「両足でお客様の上に乗って踏むマッサージ」をベースに、より美容・健康の効果面を追及して日本人が考案した美容健康法のひとつです。

別名「着衣でのリンパマッサージ」とも呼ばれているそうで、筋肉を刺激して、血液やリンパの流れを良くして、人間が本来持つ自然治癒力・健康回復力を高めることを目的としています。

そもそも、血液の流れが良くなると、具体的にはどんなメリットがあるのでしょう?いくつか大きなポイントを挙げてみたいと思います。

1.     体の冷えが改善され、凝りやむくみが少なくなる

2.     アンチエイジング効果がある

3.     集中力・記憶力が上がる

4.     内臓がより健康に保たれる

5.     体温が上がり、抵抗力がつく

等、血行を良くすることが健康の秘訣という認識は広まっていますが、改めて書き出してみると本当に色々な効果があることがわかります。

また、酸素や、食事等でとった栄養も、血行が良いほど体の隅々まで行き届きやすくなります。

血行を良くする方法のひとつとして、マッサージはとても有効なのですが、その中でも足を使ってマッサージするフーレはユニークな着眼点で、期待できる効果も大きいと思います。

足でマッサージすることの大きな特徴は、

1.     広い面で施術するので、より効率よくからだ全体をほぐすことができる

2.     もみ返しがおきにくく、効果が長持ちしやすい

3.     足は手の3倍以上の圧をかけることができるが、面が広いので受け手側は強い刺激と感じることがあまりない

ということがあげられると思います。

特に、「マッサージは受けたいけど、指圧でもみかえしが来たことがあるので、躊躇している」という方や、マッサージ自体になれていない方も、「圧はしっかりかかるけれども刺激が少ない」という点が敷居が低いとお感じになるようです。

それから、美容健康法のひとつ、と書きましたが、フーレセラピーを継続して受けられた結果、足のむくみがかなり改善され足が細くなったり(!)、冷え性が軽くなったり、血行がよくなりお顔の色がとてもよくなる、体重が減ってきた、という特に女性に嬉しい効果の体験談が多いようです。

日本のフーレのサロンはわざわざ女性専用にされているところもあります。

個人的に面白いな、と思っているのは、このフーレセラピーには、頭も踏む技術があるんですよね。

頭の血行が良くなると、実はお顔のたるみの防止効果もあるそうです。

フーレを受けている間はすごくリラックスして眠くなってしまった、うっとりしていた、という方が多いですが、特にこの頭を踏まれる部分で、気持ちよくてふっと眠りに入ってしまったという方が多いようです。

マッサージには色々な種類・方法があり、また、同じカテゴリ・手技であっても、人によって合う・合わないがあると思います。

長くて暗くて寒い(三重苦・・・)ドイツの冬をより健康に乗り越えるためにも、血行を良くしてコリをできるだけためないよう、適度な運動や体を冷やさない工夫とともに、ご自身に合ったマッサージを見つけて、うまく活用してくださいね。

指圧マッサージスタジオ アクアプラス

武山 優紀子

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。