カラー(染髪)のお話し 1.

白髪染め、オシャレ染め、マニキュア、ブリーチ…

ホントは知らないカラーの話。

カラー剤を髪に塗布するまで

カラー剤は1剤と呼ばれる色を決める薬剤と2剤(液)と呼ばれる明るさを決める2つの薬剤を混ぜます。

1剤と2剤に化学反応が起こり、発色が始まります。

混ぜ始め、およそ20分間のうちは明るくなります。
しかしそれ以上はいくら待っても明るくはなりません。

家でカラーする際に覚えておくといいでしょう。

市販のカラー剤とサロンカラーの違い

今はドラックストアやスーパーで簡単にカラー剤が安く手に入ります。
いったい何が違うんでしょう。

何が違うのか?

最初に頭に入れて頂きたいのが、市販のカラー剤は最初から色味、明るさが決まっていると 言う事です。

これはどういうことかというと自分で髪の状態を見極め、選ばなければいけないということです。

逆にサロンカラーはとてもたくさんの種類があるので柔軟に対応出来ると言う事です。

それぞれの違いをグラフに簡単にまとめてみました。

そして具体的な説明を下に書いていきますので見比べてみてください。

明 るさ ダ メージ 種 類 退 色後の色味 価 格
市 販 × ×
サ ロン

明るさ

市販のカラー剤は明るさの変更ができません。最初から色の明るさは決まっており、調節はできません。

一番需要のある明るさ(8Lv)がメインで置いてあるので、多少色を暗くしたいと思っても難しいです。

微調整はできないと思ってください。

明るさを決める2剤は当然1種類になります。この市販の2剤は明るくする為だけの薬になります。

一方、サロンのカラー剤は色の明るさが1~12の段階で別れており、更にはブリーチなど

それ以上明るくする事も可能です。

ほぼ全ての明るさを再現出来ます。

明るさを決める2剤はサロンによって違いますが、

普通は明るくする為の液、色味を入れる為の液、その中間の液の3種類になります。

他にも目的によって使い分ける液がありますが、難しいので省略。

この3種類を場所によって使い分けるので明るさは自由自在に調節可能です。

ダメージ

ダメージははっきりと差がでます。

市販の物は薬剤が強めに設定してあるので必ず一定のダメージを髪に与えてしまいます。

終わった後もキューティクルが開きっぱなしなのでダメージが蓄積されていきます。

カラーをした後はサラサラになるというのを聞きますが、それはコー ティング剤によるものです。

髪の毛は確実に傷んでいます。

サロンカラーも同じくらいの強さの薬がありますが、全部を同じ薬で塗るわけではありません。

弱っている部分には色味を優先し、なるべく明るくしないようにする。

根元の方には少し強めのカラー剤を塗布し、色味よりも明るさを優先する。
こんな感じで調節していきます。

髪の根元から毛先まで全て同じ薬でっていうのは想像以上にダメージを受けます。

種類

市販のカラーは種類多くなってますね。
シルバーや赤、茶色、クールブラックなんて物もあります。
よく使う、需要のある色は結構あります。

サロンカラーは莫大な種類があります。マニキュア、白髪染め、オシャレ染め、その他へアバターなど。

希望の色が見つからないことはないと思います。

退色後の色味

市販とサロンのカラー剤において1番差がでるのがこの退色後の色 味です。

ぱっと見た感じ、市販のカラーもサロンのカラーも仕上がりの色味に関してはそこまで変わらないかと思います。

しかし1週間、2週間、1ヶ月、2ヶ月と時間が経つにつれてその差は明確になってきます。

市販のカラー剤は強めの薬剤を使っているのでサロンのカラー剤よりもキューティクルが開きます。

するとそのキューティクルの隙間から染料や栄養分が流れ出て行きます。

時間が経つほど色味が抜け、黄色っぽい色になり最初よりも若干明るくなります。

サロンのカラーも色味が落ちると黄色っぽくなり色味は薄れますが市販のカラー剤ほど明るくはなりません。

価格

価格に関しては市販の方がお財布に優しいですね☆

その他の違い

コーティング剤が市販のカラーにはより多く含まれているので仕上がりを勘違いしやすい。

実はかなり傷んでいるのにサラサラになっているからアフターケアはしない、というパターンが多い。

退色した後にサロンで染めようとしてもなかなか色が綺麗に入らない。

サロンカラーは比較的融通が効くが、市販のカラーは染料がとても強い為になかなか色が抜けにくい。

サロンには染料を抜く為だけの薬があるくらいです。

なので市販のカラー剤で染めた後にサロンでカラーしても綺麗に一色になりずらい。

サロンで毎回カラーしていれば毎回綺麗にグラデーションになり、綺麗を保てる。

黒染めの成分が全く違う。

市販のものは『黒色』
サロンのは『黒に見える混合色』

これはどれほど違うんでしょう。

黒色は主張が強い為に脱色がとても難しい。

やっぱり黒をやめてまた明るくしたい、と言う時に1回では希望の色になりずらい。

大抵はブリーチか専用の薬を使うのでダメージもより多く受けてしまいます。

しかし黒に見える混合色の場合、真っ黒の染料ではない為に市販のカラーに比べ容易に脱色できる。

黒染めが飽きた後の事を考えたら確実にサロンで行った方がいいですね。

ーサロンカラーと市販カラーの違いのまとめー

   1. 市販のカラーは種類もそこそこあり、価格もお手頃だが色の微調整ができない!
2. 自分でやるのでそれなりの知識がないと綺麗に仕上がらない!
3. 時間が経つにつれて色味は薄まり、ダメージも多い!

1. サロンのカラーは少し値が張るが確実に仕上がる!
2. 時間が経っても市販に比べて色味の抜けも少なく、ダメージもそこまでひどくはない!
3. なによりもサロンでカラー後のケアをしてもらえるのが魅力的!

どちらにせよ1ヶ月、2ヶ月先の事を考えて選ぶといいと思います。

田中靖人

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: 理美容, 髪のお手入れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。