なかなか見応えのあるデュッセルの水族館

デュッセルドルフに住む日本人にとって、その存在はたぶんかなり知られていると思うのですが、中まで入った人は以外と少ないと思われるのがデュッセルドルフの水族館。

ソフトボールの練習によく利用されるノルドパークにあります。大きな駐車場の突き当たりにあるのがそれで、ソフトボールの練習にはその手前を左に入って行きます。

実はこの水族館、デュッセルドルフ以外の人たちにも結構有名です。入場料金は大人7、子ども3、家族連れ(子供は何人でもOK)14ユーロ。ソフトボールの練習をノルドパークでしている人は見たことがあると思いますが、特に天気がいいと駐車場は一杯で水族館の入り口には入場を待つ行列がしょっちゅうできています。

Aquazoo 1

中に入るとすぐに、超音波を使う大きなクジラ(人間も使える)の骨が展示してあります。ペンギンから始まってかなりの種類の魚を見学することができます。中には既に絶滅した魚までいます。

生まれて始めて水族館に来たと思われるドイツ人の子供などは、伊勢海老程度の大きさのロブスターにびっくりして大はしゃぎ。70m2ほどの昆虫エリアや、200m2ほどのトロピカルエリアもあります。

Aquazoo 2

珍しい亀を見つけたうちの上さんは一言、「うわ〜、変な亀〜!」。でもたぶん亀の方も、「うわ〜、変な女性〜!」と、思っているかも…

説明文は残念ながらドイツ語ですが、見て楽しむだけで日本人の子供も大喜びなので、一度は行かれることをお勧めいたします。大人2人、子供4人で2時間弱楽しめました。でも残念ながら、11月4日~2015年の春までは改装工事を予定していて閉館となるので、行くのなら今週末が最後のチャンスです!

EK

投稿者: netdeduessel

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

なかなか見応えのあるデュッセルの水族館」に2件のコメントがあります

  1. そうですね〜、水族館も動物園も結構楽しいですよね〜、一体その囲い中のどこにその生き物がいるのかを探すのが…笑。そして見つけるとこれが結構嬉しくて納得、次に移って行きますね〜

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。