ドイツ語学校に通う前に、覚えておきたいドイツ語

デュッセルドルフにやってこられた方の多くが、ドイツ語の勉強をされていると思います。

日本語で教えてくれるところもありますが、いきなりドイツ語でレッスンを始める学校も多いですよね。

外国人にいきなりドイツ語でドイツ語を教える っていうのは、教える方も大変だろうなー とは思いますが

教えられるこちらも必死なので、日本語で教えてくれるところよりも切羽詰まって上達も早いんじゃないかと思います。

ところで、先生がドイツ語しか話さないとこちらもドイツ語で返すしかありません。

しかしながら、日本で買ってきたドイツ語のテキスト類は、日本語でドイツ語を習う人向けに作られているので

ドイツ語でレッスンを受けるときに必要な言い回しが全然出てきません。

例えば、私が困ったのは

質問の答えが/質問の意味が わかりません

です。

とりあえず Ich weiss nicht.

と言っていましたが、これでは「知りません」になってしまって、なんかニュアンスが違うんだよなー、

というのが密かな悩みでした。

というわけで、ドイツ生活の長い人に聞いてみました。

質問の答えがわかりません

「(その答えが)わかりません」 の場合は、直訳ですと、(Dafuer) weiss ich (die Antwort) nicht/Ich weiss (dafuer die Antwort) nicht. となります。
だから結局、Ich weiss nicht になってしまいます。でも括弧の中も言えばいいと思います。
質問の意味がわかりません
「質問の意味がわかりません」 の場合は、Ich verstehe die (又は Ihre) Frage nicht. がいいと思います。
なるほど! これは記憶しておいたほうがいいですね☆
ちなみに、日独ハーフの知り合いの方が「かいねあーぬんぐ、って言い回しでもいいよ」と教えてくれましたが・・・
keine Ahnung 、この表現はちょっとラフというか、、突き放す感じになるときもあります。
ごく普通に出てくる場合もあり、フォーマルな時(例えばインタビューなどで) に使われてもおかしくないのですが
言う時の表情やニュアンス次第で受け取る側の印象も変わってくる言い回しです。
日本語に訳するならば、予想・想像もつかない、あるいは手に負えないといったニュアンスもあります。
… なので「質問の答えがわかりません」には使えますが、「質問の意味がわかりません」に使う場合は相手にNGの意味は通じても、本意を伝えていないことになります。
とのことです。
初心者にはちょっとハードルの高い言い方なんでしょうかねー?
ちなみに、あまり言いたくはないセリフながら、やはり覚えておきたいのは遅刻した時の謝罪の言葉。
遅刻してごめんなさい
Entschuldigung fuer Verspaetung (エントシュルディグング フュア フェアシュペートゥング)
フュア フェア・・・と続くので舌がからまってしまいそうですが、
これもぜひ覚えて、万一のときに備えておきたいですね!
(えつ魚)
広告

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: ドイツ語、日本語

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。