ドイツで七五三 惠光寺の七五三&無料着付け会

昨年、長女が満3歳を迎えたので、惠光寺さんで七五三のお参りをさせていただきました。 お寺さんでは「初参式」というのだそうですが、 子どもにもわかりやすいお話と、お経さんをあげていただいて、 紅葉まっさかりの美しいお庭で写続きを読む “ドイツで七五三 惠光寺の七五三&無料着付け会”

祝日?祭日?休業日?営業日?

ドイツでは明日はReformationstag (レフォルマツィオーンスターク) 、宗教改革記念日です。1517年にマルティン・ルターが宗教改革を始めたことを記念する日であると同時にハロウィーンの日でもあります。 デュッ続きを読む “祝日?祭日?休業日?営業日?”

ADACはいらない?!

ドイツで車に乗る人なら大抵加入しているのがADAC。日本のJAFのようなものです。 途上で車が動かなくなってしまったら黄色の車が駆けつけてくれて、応急処置をしてくれたり、近くの修理工場まで運んでくれたりします。ピンチの時続きを読む “ADACはいらない?!”

ゾーリンゲン 意外と知られていない観光名所 前編

ゾーリンゲンと言うと刃物が有名ですが、(HARIBOの工場も?)観光に行く人はあまり多くないようです。ところが色々な魅力が詰まった大変魅力的な地でありながらデュッセルドルフからすぐ近く、しかもデュッセルドルフには大変ゆか続きを読む “ゾーリンゲン 意外と知られていない観光名所 前編”

なかなか見応えのあるデュッセルの水族館

デュッセルドルフに住む日本人にとって、その存在はたぶんかなり知られていると思うのですが、中まで入った人は以外と少ないと思われるのがデュッセルドルフの水族館。 ソフトボールの練習によく利用されるノルドパークにあります。大き続きを読む “なかなか見応えのあるデュッセルの水族館”

坐骨神経痛はなぜ起こるの?

坐骨神経と言うのは、下肢の屈曲運動を支配する神経で、腰椎から出てお尻から足先まで行っている、太くて長い末梢神経です。この坐骨神経が炎症を起こしたのが坐骨神経痛です。脚の後ろ側を中心に痛みがあり、かかとや足、足の指にまで痛続きを読む “坐骨神経痛はなぜ起こるの?”

絶対音感って何ですか。

こんにちは。ピアノを教えたり弾いたりしている、編集スタッフのAYです。 “絶対音感“についてピアノ教室のブログを書いたところ、この言葉を検索して訪問される方がたくさんいらっしゃり、関心の高いテーマなんだな、と思いました。続きを読む “絶対音感って何ですか。”

節電のウソとホント。ドイツの電気事情

ご存知の通り、ドイツ(ヨーロッパ)の家庭用電源は220V であるため、110V 用である多くの日本の電気製品はそのままでは使えません(ラップトップパソコンの電源は普通220V に対応しています)。そこで220V/240V続きを読む “節電のウソとホント。ドイツの電気事情”

ヨーロッパで目立つ日本人

日曜日の午前中、デュッセルドルフの街中を歩いていた時です。ドイツの日曜日の午前中は、ひとけがなくてシ〜ンと静まり返っているので好きですが、向こうの方にも一人日本人が歩いていました。 (さてここからはほんのわずか数秒の間の続きを読む “ヨーロッパで目立つ日本人”

体の歪みとは、肩こりや腰痛などさまざまな病気を引き起こす悪循環の元凶なんです

骨と病気はこんなに深い関係があることをご説明いたします。 骨のズレは実に多くの病気を引き起こします。特に首の骨や腰の骨はズレやすい構造になっているために、首の痛み・肩こり。腰痛・手足のシビレなどの症状が発生しやすいのです続きを読む “体の歪みとは、肩こりや腰痛などさまざまな病気を引き起こす悪循環の元凶なんです”

フランスでは昔、ヒルに血を吸わせて病気を治していた

プラシーボ効果というのを聞いたことがあるでしょうか? 例えば風邪を引いた患者さんに、風邪薬だと偽って、薬でも何でもないものを入れたカプセルを飲んでもらって風邪が治ってしまうケースがそれです。 自己暗示のようなものでもある続きを読む “フランスでは昔、ヒルに血を吸わせて病気を治していた”

ヒルデガルドの聖地を訪ねて。ワインで有名なリューデスハイムのもうひとつの魅力。

リューデスハイムといえば、「つぐみ横丁」とワインで有名なライン川の観光地です。 観光ガイドブックには必ず載っていますし、古城街道では必ず訪れる場所のひとつです。 ちなみにデュッセルドルフからでもDB(Deutsche B続きを読む “ヒルデガルドの聖地を訪ねて。ワインで有名なリューデスハイムのもうひとつの魅力。”

なぜドイツのタクシーはほとんどベンツ?

今はそれでも少なくなりましたが、以前はドイツのタクシーといえばみんなベンツ。それを知らずに日本から来る人は空港でびっくり。ベンツのステータスが落ちてしまうようでがっかりする人も。 理由は簡単です。昔のベンツは故障が少なく続きを読む “なぜドイツのタクシーはほとんどベンツ?”

毛髪と頭皮の基礎的な話

髪の毛は主に3つの層からできています。 * 表皮 * 皮質 * 髄質 といった3つが髪の毛を作っています。とは言うものの難しくて分かりずらいですね。それではみなさん大好き『のり巻き』を例に順を追って説明して行きます。 表続きを読む “毛髪と頭皮の基礎的な話”

ほとんど死にかけた鯉を生き返らせてしまう塩の力

鯉などの飼育魚に病気がつきものであることは養鯉家でなくても鯉や魚を飼っている人たちの間ではよく知られています。 病気になった(体内で病菌が広まってしまった) 鯉が、例えば背ビレ、腹ビレ、尾ビレなどのヒレが菌にやられて全て続きを読む “ほとんど死にかけた鯉を生き返らせてしまう塩の力”

ドイツでその運転は危ない!

デュッセルドルフのオーバーカッセル、特に日本人幼稚園の周りのT 字路でよく見かける日本人の危ない運転。そう、右側優先無視。 たまたま鉢合わせのドイツ人が左側を注意してくれている時はいいものの、右側優先をいいことに、左を無続きを読む “ドイツでその運転は危ない!”

お酢でピッカピカになる水周り

ドイツ(人)のキッチンは普通いつもピカピカにきれいに磨かれています。これは日本人以上に几帳面な一面を持つドイツ人の国民性もありますが、炒めものや揚げものなどの料理がなく、パン食やシチューが中心なので、日本人と比べると料理続きを読む “お酢でピッカピカになる水周り”

ドイツ語学校に通う前に、覚えておきたいドイツ語

デュッセルドルフにやってこられた方の多くが、ドイツ語の勉強をされていると思います。 日本語で教えてくれるところもありますが、いきなりドイツ語でレッスンを始める学校も多いですよね。 外国人にいきなりドイツ語でドイツ語を教え続きを読む “ドイツ語学校に通う前に、覚えておきたいドイツ語”

骨折十数ヶ所、縫い痕二十数針

(同じネタで三回連続… すみません、もう一回だけお付き合いください…) 仙骨を骨折してドイツの病院に3泊した後、何とか退院できました。ドイツの病院では朝晩の食事が冷たくてハム一枚、チーズ一枚の軽い続きを読む “骨折十数ヶ所、縫い痕二十数針”

ドイツの病院に入院中三日目

入院の日はもう夜でしたが、これで入院三日目。これがドイツの病院の朝食でもあり、夕食でもあります。身体の大きなドイツ人に、本当にこれで足りるのでしょうか。 昼だけは温かいものが出ますが、そんなにボリュームはありません。ソー続きを読む “ドイツの病院に入院中三日目”