ドイツの母子ケア 自然療法 マスタードの賢い利用法

さて「ドイツと聞いて、で思い浮かぶものってなに?」 と聞くと、

「自然療法!」 ではなく。。。

ソーセージに、ビール!という答えがかえってきます。ドイツのソーセージ、わたしはやはり炭火でグリルしている、ながいチューリンガーブラットブルスト、Thueringer Bratwurstが好きです。で、様々なソーセージとともに脇役のように控えている存在がマスタードです。食品売り場にいくと、たくさんのマスタードが並んでいます。マスタードがないソーセージなんて。。。というくらいに、マスタードの役割は重要です。実は、このマスタードは『母子ケア』にもとりいれられているんです。ドイツでは、疲れたお母さんにおすすめなのが(別にお母さんに限りませんが)マスタードです。このマスタードで足湯をしましょう。

この方法は、ドイツ人助産師のかたに教わりました。出産したばかりのお母さんは、やはり身体が疲れに残りがち。疲れたら、免疫力も下がりますので、そういうときは、身体を大切に温めることが重要だそうです。語学学校で出会った韓国人クラスメートに効いたら、韓国では出産1ヶ月は、オンドル(床暖房)の部屋でのんびりしているのが、一番いいそうですよ!どんなマスタードでもOK.食べられるものなので、安心です。マスタードも実は薬草の一種。アブラナ科で、小さな菜の花に似た愛らしい花を咲かせます。

ドイツに住んでいる方は、さりげなく・・・でも、どこかで必ず目にしている花なのです。このはなの種がマスタードになるのです。わたしたちの側に薬草というのは、意外と身近にあるものなのです。このマスタードをおおさじ3杯ほど、足湯用の温かなお湯の中にいれて一休み。ドイツでは毎日のように入浴はしないので、足湯なんでしょうね。すると、身体がぽかぽかに。日本だと粉芥子で代用できます。チューブでもいいですが、もったいないですよね。

このマスタードの中に、お好きな精油を入れてもOKです。手軽なところではリラックス効果のあるラベンダーなどでしょうか。アロマの優しい香りに包まれて。。。。血行がよくなると、おっぱいの出も良くなるし。。。身体もぽかぽか。ちいさなお子さんがいる場合は、おこさんと一緒にどうぞ。(目にはいらないように)自然療法を家庭にもとりいれて、ドイツ生活を楽しんでくださいね!ホメオパシーの個人・クラスでの レッスンもおこなっています!

SM

日本人のための、ドイツの生活応援サイト

タグ:
カテゴリー: 自然療法 ホメオパシー, 健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  ブログランキングの応援クリック、         宜しくお願いいたします!      ↓↓↓           ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ デュッセルドルフ情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。